Kali Linux 2021.1でZIP Password BruteForcerを使用しZIPファイルのパスワード解読

Kali Linux 2021.1でZIP Password BruteForcerを使用しZIPファイルのパスワード解読について解説しています。

ZIP Password BruteForcer(https://github.com/The404Hacking/ZIP-Password-BruteForcer)は、Python 言語で書かれたzip形式のファイルのみのパスワードを解読できるツールです。

なお、サイバーセキュリティ対策や情報セキュリティ教育が目的でツールを利用しますので、悪用・違法行為が目的はございません。ツールを利用することで発生したトラブルや損失、損害(ウイルス感染など)に対して、一切責任を負いません。

■PC環境

Windows 10 Pro

VirtualBox6.1

Kali Linux 2021.1(Debian (64-bit))

■Kali Linuxを起動する

クリックすると、Kali Linuxが起動します。起動後、ログイン画面が表示されますのでユーザIDとパスワードを入力し「Log in」ボタンをクリックします。

クリックすると、Kali Linuxにログインすることができました。

ログイン後、上部メニューになる「ターミナルエミュレーター」をクリックし、ターミナルを起動します。

$sudo su

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。スーパーユーザ(root)権限に切り替えます。

■ZIP Password BruteForcerのインストール

#git clone https://github.com/The404Hacking/ZIP-Password-BruteForcer

切り替えた後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。リポジトリをクローンします。

Cloning into ‘ZIP-Password-Brute Forcer’..
remote: Enumerating_objects: 18, done.
remote: Total 18 (delta”), reused o (delta 0), pack-reused 18
Receiving_objects: 100% (18/18), 38.75 kiB 661.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (3/3), done.

#cd ZIP-Password-BruteForcer

クローン後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「ZIP-Password-BruteForcer」ディレクトリに移動します。

■ZIP-Password-BruteForcerの起動・インストール確認

#python ZIP-Password-BruteForcer.py

移動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。ZIP-Password-BruteForcerを起動します。

Enterキーを押すと、ZIP-Password-BruteForcerが起動します。

#python3 ZIP-Password-BruteForcer.py

なお、上記のコマンドを入力し、起動しようとすると、「SyntaxError: Missing parentheses in call to ‘print’. Did you mean print(banner)?」というエラーが発生します。

■ZIPファイルのパスワード解読

起動後、ZIPファイルのパスワード解読を行ってみます。

今回は、上記のディレクトリ内に「test.zip」というパスワード付きのZIP形式のファイルを用意しました。

ZIP-Password-BruteForcerの起動した後に、「Zip Password Craker」を選択するために「Enter Number」に「1」と入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、「ZIP File Address:」と表示されますので、ZIP形式のファイルが置かれている場所を入力し、Enterキーを押します。

押すと、「Password List Address:」と表示されますので、パスワード解読のために必要なパスワードリストが置かれている場所を入力します。今回事前に用意しておいたパスワードリストをlst形式のファイルで保存してあります。

入力し、Enterキーを押すと、パスワードの解読が開始され、「Password Found」と表示されれば、パスワードが発見され、「Password:」の項目にパスワードが表示されます。

これでパスワードの解読が終了となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました