Kali Linux 2021.1にGo言語をダウンロードしインストールする

Kali Linux 2021.1にGo言語(Golang)をダウンロードしインストールしてみます。

■PC環境

Windows 10 Pro

VirtualBox6.1

Kali Linux 2021.1

■Kali Linuxを起動する

クリックすると、Kali Linuxが起動します。起動後、ログイン画面が表示されますのでユーザIDとパスワードを入力し「Log in」ボタンをクリックします。

クリックすると、Kali Linuxにログインすることができました。

ログイン後、上部メニューになる「ターミナルエミュレーター」をクリックし、ターミナルを起動します。

■Firefoxを起動

$Firefox

ターミナルを起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。Firefoxを起動します。

■Go言語をダウンロード

https://golang.org/doc/install

起動後、Firefoxのアドレスバーに上記のURLを記入し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、「Download and install – The Go Programming Language」のページが表示されます。ページ内の「Download Go for Linux」のボタンがあるので、クリックします。

クリックすると、「You have chosen to open:」というウインドウが表示されます。ウインドウ内には、Go言語のGzipアーカイブ(go1.16.4.linux-amd64.tar.gz)が表示されていますので、「What should Firefox do with this file?」の「Save File」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

クリックすると、ダウンロードが開始され、しばらくするとダウンロードが完了となります。

完了後、「ダウンロード」のディレクトリ内にGo言語のGzipファイル(go1.16.4.linux-amd64.tar.gz)が置かれているので、今回は上記のディレクトリ内に移動しておきます。

移動後、再度「ターミナルエミュレーター」をクリックし、ターミナルを起動します。

■Go言語のインストールとGoの環境変数の設定

$sudo tar -C /usr/local -xzf go1.16.4.linux-amd64.tar.gz

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。Enterキーを押すと、sudo権限(root権限)のパスワードを求められますので、入力し、Enterキーを押します。

$vi ~/.zshrc

Enterキーを押した後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。viエディタで「.zshrc」を編集します。

export GOPATH=/root/go-workspace
export GOROOT=/usr/local/go
PATH=$PATH:$GOROOT/bin/:$GOPATH/bin

編集しますので、インサートモードで上記のコードを、「.zshrc」の最後の方に入力します。入力後、インサートモードを終了し、ファイルを保存し終了します。

$source ~/.zshrc

終了後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。なお、「~/.bashrc」で.bashrcを編集し、sourceコマンドを使用すると、下記のエラーとなります。

/home/amerrnath/.bashrc:**: command not found: shopt
/home/amerrnath/.bashrc:**: command not found: shopt
/home/amerrnath/.bashrc:***: command not found: shopt
/usr/share/bash-completion/bash_completion:**: parse error near]

■バージョンの確認

$go version

Enterキーを押した後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

go version go1.16.4 linux/amd64

Enterキーを押すと、バージョンが表示されましたので、インストールは完了となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました