Kali Linux 2021.1でNipeを使用しシステムを完全に匿名化する

Kali Linux 2021.1でNipeを使用しシステムを完全に匿名化してみます。

Nipeは、Torネットワークをデフォルトゲートウェイにするためのスクリプトです。このスクリプトを使用することで、コンピュータからのすべてのトラフィックを直接Torネットワークに送り、追跡される心配もなく、匿名でインターネットを利用することができます。

今回は、あくまでサイバーセキュリティの実験&検証が目的ですので、悪用が目的ではありません。

■PC環境

Windows 10 Pro

VirtualBox6.1

Kali Linux 2021.1(Debian (64-bit))

■Kali Linuxを起動する

クリックすると、Kali Linuxが起動します。起動後、ログイン画面が表示されますのでユーザIDとパスワードを入力し「Log in」ボタンをクリックします。

クリックすると、Kali Linuxにログインすることができました。

ログイン後、上部メニューになる「ターミナルエミュレーター」をクリックし、ターミナルを起動します。

$sudo su

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。スーパーユーザ(root)権限に切り替えます。

■NIPEのダウンロードとインストール

#git clone https://github.com/htrgouvea/nipe

切り替えた後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。リポジトリをクローンします。

Cloning into ‘nipe’ …
remote: Enumerating_objects: 1541, done.
remote: Counting objects: 100% (12/12), done.
remote: Compressing objects: 100% (10/10), done.
remote: Total 1541 (delta 3), reused 7 (delta 2), pack-reused 1529
Receiving objects: 100% (1541/1541), 238.25 KiB 906.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (816/816), done.

#cd nipe

クローン後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「nipe」ディレクトリに移動します。

#cpan install Try::Tiny Config::Simple JSON

CPAN.pm requires configuration, but most of it can be done automatically. If you answer ‘no’ below, you will enter an interactive dialog for each configuration option instead.
Would you like to configure as much as possible automatically? (yes)

CPAN.pmは設定を必要としますが、そのほとんどは自動的に行うことができます。以下で「no」と答えた場合は、代わりに各設定オプションの対話型ダイアログに入ります。
可能な限り自動で設定したいですか? (はい)

Enterキーを押した後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。押すと、上記のメッセージが表示され、「Would you like to configure as much as possible automatically?」と質問されますので、Enterキーを押します。押すと、ライブラリと依存関係のインストールが開始されます。インストールの途中に「Warning(警告)」と表示されますが、一旦無視します。

/usr/bin/make install — OK

上記のようなメッセージが表示されれば、インストールは完了となります。

#perl nipe.pl install

完了後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。Perlスクリプトをインストールします。

Call Loldle Config/Simple.pm in INC (you may need to install the Config :: Simple module) (@INC CI ontains: ./lib/ /etc/perl /usr/local/lib/x86_64-linux-gnu/perl/5.32.1 /usr/local/share/perl/5.32. 1 /usr/lib/x86_64-linux-gnu/perl5/5.32 /usr/share/per15 /usr/lib/x86_64-linux-gnu/perl-base /usr/ lib/x86_64-linux-gnu/perl/5.32 /usr/share/perl/5.32 /usr/local/lib/site_perl) at lib/Nipe/Utils/D evice. pm line 4. BEGIN failed — compilation aborted at lib/Nipe/Utils/Device. pm line 4. Compilation failed in require at lib/Nipe/Engine/Stop.pm tine 4. BEGIN failed — compilation aborted at lib/Nipe/Engine/Stop.pm line 4. Compilation failed in require at nipe.pl line 8. BEGIN failed — compilation aborted at nipe.pl line 8.

Enterキーを押すと、上記のようなメッセージが表示される場合は、下記のコマンドを入力し、パッケージをインストールします。

apt install libconfig-simple-perl

インストール後、再びPerlスクリプトをインストールします。これで、NIPEのダウンロードとインストールは完了です。

■Nipeの起動する

#perl niple.pl start

完了後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、「Starts: activated.(スタート:起動)」と表示されます。これでツールが起動しました。「Starts: disabled.」と表示されれば、起動が無効となっています。

perl nipe.pl restart

無効となっている場合は、上記のコマンドなどで、ツールの再起動を行うと、起動します。

「Starts: activated.(スタート:起動)」と表示された後に、WebブラウザでIPアドレスを確認しましたが、IPアドレスが変更されて、完全に匿名化することができました。

#perl nipe.pl stop

起動後、ツールを停止する場合は、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押すと、停止します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました