Kali Linux 2021.1で自動XSS脆弱性スキャナーツール「PwnXSS」を使用する

Kali Linux 2021.1で自動XSS脆弱性スキャナーツール「PwnXSS」を使用してみます。

PwnXSSは、Githubで利用できる無料のオープンソースツール(https://github.com/pwn0sec/PwnXSS)で、クロスサイトスクリプティング(XSS)を簡単に発見することができます。

なお、PwnXSSは、Kali LinuxにPython3.7がインストールされている必要があり、またBeautifulSoup4モジュールと、requestsモジュールが必要になります。

今回は、あくまでサイバーセキュリティの実験&検証が目的ですので、悪用が目的ではありません。

■PC環境

Windows 10 Pro

VirtualBox6.1

Kali Linux 2021.1(Debian (64-bit)),Python 3.9.2

■Kali Linuxを起動する

クリックすると、Kali Linuxが起動します。起動後、ログイン画面が表示されますのでユーザIDとパスワードを入力し「Log in」ボタンをクリックします。

クリックすると、Kali Linuxにログインすることができました。

ログイン後、上部メニューになる「ターミナルエミュレーター」をクリックし、ターミナルを起動します。

$sudo su

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。スーパーユーザ(root)権限に切り替えます。

■PwnXSSのインストール

#git clone https://github.com/pwn0sec/PwnXSS

切り替えた後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。リポジトリをクローンします。

Cloning into ‘PwnXSS’ …

remote: Enumerating objects: 118, done.

remote: Counting objects: 100% (118/118), done.

remote: Compressing objects: 100% (110/110), done.

remote: Total 118 (delta 37), reused 5 (delta 2), pack-reused 0

Receiving objects: 100% (118/118), 160.72 KiB 919.00 KiB/s, done.

Resolving deltas: 100% (37/37), done.

Enterキーを押して、しばらくするとクローンが完了となります。

#chmod 755 -R PwnXSS

完了後、上記のコマンドを入力し、Enterキーをクリックします。ディレクトリに対するアクセス特権の設定します。

#pip3 install bs4
#pip3 install requests

Enterキーを押した後、上記のコマンドを入力し、Enterキーをクリックします。PwnXSSの要件であるbs4とrequestsをインストールします。

■PwnXSSの起動

#python3 pwnxss.py --help

Enterキーを押すと、インストールが完了となります。完了後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。PwnXSSのヘルプを表示します。

Enterキーを押すと、ヘルプが表示されます。今回はPwnXSSのVersion 0.5 Finalを起動しています。

■クロスサイトスクリプティング(PwnXSS)の脆弱性チェックをする

#python3 pwnxss.py -u http://www.example.com(チェックしたいWebサイト)

ヘルプが表示された後は、検証のため、クロスサイトスクリプティング(PwnXSS)の脆弱性チェックをしてみます。チェックする場合は、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、クロスサイトスクリプティング(PwnXSS)の脆弱性チェックが開始され、Webサイトを何度もチェックし、脆弱なWebサイトが見つかるとターミナル上に表示されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました