Kali Linux 2021.1で深層ウェブ(ディープウェブ)検索エンジンツール「Darkdump」を使用する

Kali Linux 2021.1で深層ウェブ(ディープウェブ)検索エンジンツール「Darkdump」を使用してみます。

深層ウェブ(ディープウェブ)とは、標準的なWeb検索エンジンでは、その内容がインデックス化されていない(登録されない)World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)の一部のこと。深層ウェブ(ディープウェブ)の反対語は、インターネットを利用して誰でもアクセスできる「サーフェイス・ウェブ」と言われる。

Darkdumpは、Python3.9で書かれたシンプルなスクリプトで、検索語(クエリ)を入力し、直接深層ウェブ(ディープウェブ)を検索することができるツールです。

なお、サイバーセキュリティ対策や情報セキュリティ教育が目的でツールを利用しますので、悪用・違法行為が目的はございません。ツールを利用することで発生したトラブルや損失、損害(ウイルス感染など)に対して、一切責任を負いません。

■PC環境

Windows 10 Pro

VirtualBox6.1

Kali Linux 2021.1(Debian (64-bit)),Python 3.9.2

■Kali Linuxを起動する

クリックすると、Kali Linuxが起動します。起動後、ログイン画面が表示されますのでユーザIDとパスワードを入力し「Log in」ボタンをクリックします。

クリックすると、Kali Linuxにログインすることができました。

ログイン後、上部メニューになる「ターミナルエミュレーター」をクリックし、ターミナルを起動します。

$sudo su

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。スーパーユーザ(root)権限に切り替えます。

■Darkdumpのダウンロードとインストール

#git clone https://github.com/josh0xA/darkdump

切り替えた後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。リポジトリをクローンします。

Cloning into ‘darkdump’…
remote: Enumerating objects: 55, done.
remote: Counting objects: 100% (55/55), done.
remote: Compressing objects: 100% (53/53), done.
remote: Total 55 (delta 26), reused o (delta ), pack-reused
Receiving objects: 100% (55/55), 195.69 KiB | 886.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (26/26), done.

#cd darkdump

クローン後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「darkdump」ディレクトリに移動します。

#python3 -m pip install -r requirements.txt

移動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。依存関係をインストールします。

Enterキーを押すと、インストールが開始され、「Successfully installed」と表示されます。これが表示されれば、正常にインストールは完了となります。

■darkdumpの起動

#python3 darkdump.py --help

完了後、darkdumpの起動してみますので、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。ヘルプを表示してみます。

Enterキーを押すと、上記のようにヘルプが表示されます。これでインストールの確認は完了です。

■深層ウェブ(ディープウェブ)を検索する

#python3 darkdump.py --query <検索する語>

では、darkdumpを使用し、通常のWeb検索エンジンでは検索することができない深層ウェブ(ディープウェブ)を検索してみます。検索する際は、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

#python3 darkdump.py --query hacking

今回は、実験で上記のコマンドを試してみます。

Enterキーを押すと、入力したクエリ(検索語)に対してヒットする深層ウェブ(ディープウェブ)のページが出力されます。

出力後、出力されたドメインを通常のWeb検索エンジンであるGoogleで検索してみると、「検索条件と十分に一致する結果が見つかりません。」と検索結果に表示されます。ドメインがインデックスされておらず、深層ウェブ(ディープウェブ)であることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました