リチウムイオン電池(バッテリー)

スポンサーリンク

リチウムイオン電池(バッテリー)について書いています。

リチウムイオン電池(バッテリー)は、アノード(電気化学的なセル内で酸化反応が起こる場所)、カソード(電気化学的なセル内で還元反応が起こる場所)、セパレータ、電解質、および2つの電流収集器(正極と負極)から成り立っています。(https://www.energy.gov/energysaver/articles/how-lithium-ion-batteries-work

アノードとカソードはリチウムを貯蔵します。なお、アノードとカソードは電池の電気的な動作を担当しており、電気化学反応を通じて電子とイオンの移動が行われる。

電解質は正に帯電したリチウムイオンをアノードからカソードへ、およびその逆にセパレータを通じて運びます。リチウムイオンの移動により、アノードで自由電子が生成され、正の電流収集器で電荷が発生します。電気的な電流は、装置(携帯電話、コンピュータなど)を通じて負の電流収集器へ流れます。セパレータはバッテリー内部で電子の流れをブロックします。これらの要素が連携して、バッテリーが電気エネルギーを蓄えたり供給したりするメカニズムを提供します。

■科学的に考えるコーナーへ戻る

スポンサーリンク
小林をフォローする
Men of Letters(メン・オブ・レターズ) – 論理的思考/業務改善/プログラミング
タイトルとURLをコピーしました