Kotlin

スポンサーリンク
Kotlin

Kotlinでelse if節を使用する。

if文とは条件分岐の時に用いる構文ですが、else if節を用いることで新しい条件を指定することができます。新しい条件とはelse(全部の条件に一致しない場合)で、False・偽として扱うべき値に実行されます。 ■環境 Kotlin P...
Kotlin

Kotlinでif文を使用する

今回は、Kotlinでif文を使用してみます。 ■環境 Kotlin Playground() Kotlin 1.6.10 ■Kotlinでif文を使用する(条件分岐を設定する) では、早速Kotlinでif文を使用し条件分岐...
Kotlin

Kotlinで変数に数値を格納し記号を用いて算術演算子として機能させる

Kotlinで変数に数値を格納し記号を用いて算術演算子として機能させてみます。 変数に数値を格納した場合に、”+(プラス)”などの記号を用いることで、算術演算子として機能させることができます。 ■環境 Kotlin Playgro...
Kotlin

Kotlinで変数とテキストの両方を組み合わせる、もしくは変数を別の変数に追加する

Kotlinで変数とテキストの両方を組み合わせる、もしくは変数を別の変数に追加することができますので、やってみます。 ■環境 Kotlin Playground() Kotlin 1.6.10 ■変数とテキストの両方を組み合わせ...
Kotlin

Kotlinでタイプを指定し変数を宣言し値を割り当てる

Kotlinは、タイプを指定し変数を宣言し、後から値を割り当てることができますので、これをやってみます。 ■環境 Kotlin Playground() Kotlin 1.6.10 ■タイプを指定し変数を宣言し後から値を割り当て...
Kotlin

Kotlinの変数は指定された型で宣言する必要はない。

Kotlinで、varやvalを用いて変数を定義した場合に、指定された型(StringやIntなど)で宣言する必要はない。 ■環境 Kotlin Playground() Kotlin 1.6.10 ■varやvalを用いて変数...
Kotlin

Kotlinでvalを使用し変数を作成する(変数に値を割り当てる)

Kotlinでvalを使用し変数を作成してみます(変数に値を割り当てる)。 変数はデータ、値を格納するためのコンテナであり、変数を作成するvalを使用します。さらに等号”=”を使用し変数に値を割り当てることができます。 ■環境 K...
Kotlin

Kotlinでvarを使用し変数を作成する(変数に値を割り当てる)

Kotlinでvarを使用し変数を作成してみます(変数に値を割り当てる)。 変数はデータ、値を格納するためのコンテナであり、変数を作成するvarを使用します。さらに等号”=”を使用し変数に値を割り当てることができます。 ■環境 K...
Kotlin

Kotlinでprint()関数を用いて値/テキストの出力を行う

Kotlinでprint()関数を用いて値/テキストの出力を行ってみます。 println()関数の場合でも値/テキストの出力は行なえますが、print()関数を用いることでも同じように値/テキストの出力を行うことができます。prin...
Kotlin

Kotlinでprintln()関数を用いて値/テキストの出力を行う

Kotlinでprintln()関数を用いて値/テキストの出力を行う ■環境 Kotlin Playground() Kotlin 1.6.10 ■println()関数を用いて値/テキストの出力を行う では、早速printl...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました