Google Bardで生成されるコードにはAIの妄想で生成されるコードも存在する

スポンサーリンク

ChatGPTが生成するコードにはAIの妄想で生成されるコードも存在することについて解説しましたが、Google Bardで生成されるコードにはAIの妄想で生成されるコードも存在することについて解説します。

Google Bard(https://bard.google.com/)を介してAIに「Pythonを用いてGoogle Bardで生成される情報を取得するコードを書いてください。」と質問してみました。

■コード

  1. import requests
  2. # Google Bard API エンドポイントの URL を設定します。
  3. API_ENDPOINT_URL = “https://bard.googleapis.com/v1/generate”
  4. # リクエスト本文を設定します。
  5. request_body = {
  6.     “text”: “今日は何の日ですか?”,
  7.     “parameters”: {
  8.         “temperature”: 0.9,
  9.         “top_p”: 0.9,
  10.         “presence_penalty”: 0.2,
  11.         “stop_token”: “。”
  12.     }
  13. }
  14. # HTTP POST リクエストを行います。
  15. response = requests.post(API_ENDPOINT_URL, json=request_body)
  16. # 応答を解析します。
  17. response_json = response.json()
  18. generated_text = response_json[“generated_text”]
  19. # 生成されたテキストを出力します。
  20. print(generated_text)

質問後、生成されたコードが上記となる。コードだけをパッとみると何ら問題はないように見えるが、このコードでは実装できない。そもそも、2023年5月11日時点では、Google Bard API エンドポイントの URLは公開されていない。

検証を行うために、Webブラウザのアドレスバーに「https://bard.googleapis.com/」を貼り付けてアクセスしてみるが、「Error 404 (Not Found)!!1」、「404. That’s an error. The requested URL / was not found on this server. That’s all we know.」と表示され、該当するもの(Webページ)をサーバが見つけられなかった。

なお、別でGoogle Bard(https://bard.google.com/)を介してAIに「Google BardはAPIを提供していますか?」と質問したところ、「Google Bard API は現在開発中ですが、一般に公開される予定」という情報が生成されたので、今後Google Bard APIが一般に公開される可能性は高い。

参考:https://ai.google/discover/palm2

しかし、2023年5月11日時点では、Google AI の大規模な言語モデルである PaLM 2(PaLM 2 は 1.56 兆語のデータセットでトレーニングしている)が、妄想で生成したコードが表示される場合があるので、注意と理解をした方が良い。

■プロンプトエンジニアリング(Prompt engineering)へ戻る

スポンサーリンク
小林をフォローする
Men of Letters(メン・オブ・レターズ) – 論理的思考/業務改善/プログラミング
タイトルとURLをコピーしました