PythonでYouTubeビデオをダウンロードする

PythonでYouTubeビデオをダウンロードしてみます。

なお、YouTubeビデオをダウンロードするためには、pafyモジュールが必要です。pafyモジュールはPython2.6以降および3.3以降で動作します。またpafyモジュールはPythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

さらにyoutube_dlモジュールも必要ですので、事前にインストールする必要があります。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.4.0」を使用しています。(Windows10)

■PythonでYouTubeビデオをダウンロードする

では、早速YouTubeビデオをダウンロードするスクリプトを書いていきます

■コード

#!python3.4
import pafy

video = pafy.new("https://www.youtube.com/watch?v=bmtDV8XZHqs")

#解像度が最も高いストリームを選択
best_video = video.getbest()

print(best_video)

#解像度が最も高いストリームをダウンロード
best_video.download()

リファレンスURL:https://pythonhosted.org/Pafy/

インポートでpafyモジュールを呼び出して、videoという変数を作成し、その中にpafy.new()と記述し、ダウンロードするYouTubeビデオを指定します。今回は、他者の動画をダウンロードすると、著作権などの問題があるので、運営者自らが作成したYoutubeチャンネルの中から、「micro:bit(マイクロビット)本体の初期起動の際の表面」という動画をダウンロードしてみます。

指定後、best_videoという変数を作成しその中に、video.getbest()と記述し、指定した動画の中で解像度が最も高いストリームを選択します。

選択後、download()で、解像度が最も高いストリームをダウンロードします。

■実行

今回書いたスクリプトを「youtube_video_dl.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、解像度が最も高いストリームが出力されます。今回の場合は「normal:mp4@1280×720」。

その後、取得した解像度が最も高いストリームのダウンロードが開始され完了となります。

完了後、カレントディレクトリ(作業ディレクトリ)を確認してみると、mp4形式でYoutube動画がダウンロードされていることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました