Pythonでリスト内包表記を作成・使用する方法

Pythonでリスト内包表記を作成・使用する方法について解説しています。

Pythonのリスト内包表記は、既に定義されている配列を使用し、新しい配列(リスト、セット、辞書など)を簡潔に構築することができます。

list= [リスト内のアイテムに対する式]

リスト内包表記の基本構造は上記になります。リスト内包表記ではif条件を含むことも含まずに構築することもできます。また複数のfor文を含むことができます。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■リスト内包表記を作成・使用する

Pythonでリスト内包表記を作成・使用しますが、その前に空のリストを用意し、forループを使用して、1から30までの3の倍数を出力し、空のリストに格納してみます。

■コード

my_list = []

for i in range(1,11):
    my_list.append(i * 3)

print(my_list)

forループを使用して、1から30までの3の倍数を出力した後に、空のリストに追加する際は、appendメソッドを使用します。

最後にprint関数でリストを出力します。

■実行

スクリプトを実行してみると、forループを使用して、1から30までの3の倍数が出力され、リストに格納されたことが確認できました。

■リスト内包表記を使用し、同じことをする

では、次にリスト内包表記を使用し、forループを使用して、1から30までの3の倍数のリストを出力してみます。

■コード

my_list_2 = [i*3 for i in range(1,11)]

print(my_list_2)

先ほどのforループを使用し、1から30までの3の倍数を出力。出力したものをリストに格納しprint関数で出力するスクリプトよりも、リスト内包表記を使用することで、簡潔にコードを記述することができます。

■実行

このスクリプトを「mylist_test_2.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

このスクリプトを実行してみると、最初のスクリプトと同じ結果が出力されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました