PythonのYAML用ライブラリ「PyYAML」をインストールする

PythonのYAML用ライブラリ「PyYAML」のインストールについて解説しています。(Windows10)

YAMLとは、構造化データやオブジェクトを文字列にシリアライズ(シリアル化)するためのデータ形式の一種です。シリアライズ(シリアル化)とは、複数の要素を一列に並べる操作や処理のことです。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■PyYAMLをインストールする

PyYAMLをインストールを行いますが、今回はpipを経由してインストールを行うので、まずWindowsのコマンドプロンプトを起動します。

pip install PyYAML

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

なお、今回は、pythonランチャーを使用しており、Python Version 3.8.5にインストールを行うために、pipを使う場合にはコマンドでの切り替えを行います。

py -3.8 -m pip install PyYAML

切り替えるために、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、インストールが開始され、しばらくすると「Successfully installed」と表示されます。これが表示されれば、PyYAMLが正常にインストールされたことになります。

なお、「Requirement already satisfied」と表示されると、すでにインストールは行われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました