PythonでPyQt5を使用しユーザーからの入力を受け取るQLineEditウィジェットの作成と表示

PythonでPyQt5を使用しユーザーからの入力を受け取るQLineEditウィジェットの作成と表示をしてみます。

QLineEditウィジェットを用いることで、ユーザーからの入力を受け取ることができます。QLineEditウィジェットを表示すると、テキストが入力できる単一の行がウインドウ内に表示されます。

今回はPyQt5を使用します。PyQt5はPythonの標準ライブラリではないので、事前にインストールする必要があります。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■ユーザーからの入力を受け取るQLineEditウィジェットの作成と表示

では、早速ユーザーからの入力を受け取るQLineEditウィジェットの作成と表示するスクリプトを書いていきます。

■コード

import sys
from PyQt5 import QtWidgets
from PyQt5.QtWidgets import QApplication, QWidget


if __name__ == "__main__":
    app = QApplication(sys.argv)
    root = QWidget()
    root.resize(300,300)
    root.setWindowTitle('こんにちは、世界')
    
    line = QtWidgets.QLineEdit(root)
    line.move(100,80)

    root.show()

    sys.exit(app.exec_())

今回はsysモジュールと、importでPyQt5でQtWidgets、「from import」でPyQt5.QtWidgetsのQApplication,QWidgetを呼び出します。

その後、「if __name__ == ‘__main__’」で関数などをまとめたモジュールを作成します。

作成する内容は、app変数を定義し、QApplication()を用いて、QApplicationクラスのオブジェクトを作成し格納。格納後、root変数を定義し、QWidget()を用いてQWidgetクラスのオブジェクトを作成し格納。これはQtのすべてのUIオブジェクトの基本クラス。

格納後、resize()を用いて括弧内に任意のウィジェット(ウインドウ)のサイズを渡します。今回は300px×300pxを引数,パラメータとして渡します。

さらにsetWindowTitle()を用いて括弧内に表示させるウィンドウのタイトル(文字列)を渡します。今回は「こんにちは、世界」という日本語の文字列を引数,パラメータとして渡します。

ウィンドウのタイトルの設定を行った後に、line変数を定義し、その中でQtWidgets.QLineEdit()を用います。括弧内には、引数,パラメータとしてrootを渡します。これでQLineEditウィジェットが作成されます。

作成後、move()を用いてウインドウ内でQLineEditウィジェットを表示させる位置を指定します。括弧内に引数,パラメータとして座標を渡します。第1の引数,パラメータはX座標、第2の引数,パラメータはY座標となります。今回は「100,80」としています。

その後、show()を用いてウィジェット(ウインドウ)をモニター画面に表示させます。

最後にsys.exit(app.exec_())を用います。app.exec_()は、イベントのループを開始させることができます。さらにQtに制御を渡し、ユーザーがGUIからアプリケーションを閉じた時のみ、アプリケーションを終了となりますので、途中でイベントが終了することはありません。このsys.exit(app.exec_())を用いずに、実行すると、ウインドウがすぐに閉じてしまいます。

■実行・検証

このスクリプトを「qt_receivinginput.py」という名前で、Pythonが実行されている作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)に保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、QtWidgets.QLineEdit()を用いたことで、ウインドウ内にQLineEditウィジェットが表示させることができました。

表示されたQLineEditウィジェットにはキーワードなどを用いてテキストを入力することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました