Pythonでset型(集合型)のclear()関数を使用する

Pythonでset型(集合型)のclear()関数を使用してみます。

clear()関数は、set型(集合型)からすべての要素を削除することができます。

■基本的な構文

set.clear()

clear()関数は、引数,パラメータを取りません。

■Python

Google Colaboratory(Google Colab),Python3.7.10

■set型(集合型)からすべての要素を削除する

では、clear()関数を使用し、set型(集合型)からすべての要素を削除するスクリプトを書いていきます。

■コード

string = {"田中","山岡","杉本","宮田","佐々木"}

print(string)

string.clear()

print(string)

今回は、”{ }” (中括弧)を使用し、stringというset型(集合型)を作成します。set内に要素として、文字列を格納します。

格納後、stringというset型(集合型)に対してclear()関数を使用します。これで、set型(集合型)からすべての要素が削除されます。

削除後、print()関数でstringというset型(集合型)の中身を出力します。

■実行・検証

スクリプトを作成後、このスクリプトを実行してみます。

実行してみると、clear()関数を使用したことで、今回作成したstringというset型(集合型)からすべての要素が削除され、削除されたset型(集合型)をprint()関数で出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました