PandasにおけるDataFrameに数値「0」の列を追加する

PandasにおけるDataFrameに数値「0」の列を追加してみます。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■DataFrameを作成する

DataFrameに数値「0」の列を追加する前に、DataFrameを作成します。

■コード

import pandas as pd

data = {
    '名前':["岡本","田辺","村江","森川","田中"],
    '出身':["静岡","愛知","岐阜","長野","岡山"],
    '年齢':[20,34,28,24,22]
}

df = pd.DataFrame(data)

print(df)

インポートでPandasモジュールを呼び出します。dataという変数を作成し、その中に「名前」、「出身」、「年齢」の3つの列を格納します。

格納後、dfという変数を作成し、pd.DataFrame()と記述し、DataFrameを作成。作成後、dfという変数に格納します。

■実行

このスクリプトを実行すると、作成したDataFrameが出力されます。

■DataFrameに数値「0」の列を追加する

DataFrameの用意ができましたので、既存のDataFrameに数値「0」の列を追加するスクリプトを書いていきます。

■コード

import pandas as pd

data = {
    '名前':["岡本","田辺","村江","森川","田中"],
    '出身':["静岡","愛知","岐阜","長野","岡山"],
    '年齢':[20,34,28,24,22]
}

df = pd.DataFrame(data)


print(df)

df['ゼロ列'] = 0

print("\n")
print(df)

既存のDataFrameに数値「0」の列を追加する場合は、簡単です。先ほど、作成したDataFrameが格納されているdfという変数に対して、ブラケット’[]’を記述し、その中に追加する新しい列の名前を記述します。そして、新しく追加する列の中に追加する要素を「=」の後に記述します。今回は、列の要素が全て数値「0」の列を追加しますので、「0」と記述します。これで、数値「0」の列を追加することができます。

最後に、新しい列が追加されたdfの変数の情報をprint関数で出力してみます。

■実行

このスクリプトを「df_0_add_2.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、既存のDataFrameに数値「0」の列が追加され出力されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました