Pythonを使用してJPGをPNGに変換する

Pythonを使用してJPGをPNGに変換してみます。

今回、JPGファイルをPNGファイルに変換するために、PIL(Python Imaging Library)モジュールから分岐して開発されたライブラリである「Pillow」を使います。(Pillow 7.2.0を使用しています。)

■Python

Pythonバージョン

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。(Windows10)

■テストでJPGファイルを用意する

JPGファイルをPNGファイルへ変換するために、今回はテストで行いますので、テスト用のJPGファイルを用意します。

今回は用意したのは「test.jpg」です。JPGファイルの保存先は「C:\Users\user\test(フォルダパス)」になります。

■Pillowモジュールを使い、PNGファイルに変換する

JPGファイルの用意ができましたので、次にPILモジュールを使いPNGファイルに変換するスクリプトを書いていきます。

■コード

from PIL import Image

imagefile = Image.open(r"C:\Users\user\test\test.jpg")
imagefile.save(r"C:\Users\user\test\test.png")

インポートでPillowモジュールを呼び出して、Image.open()で、今回用意したPNGファイルに変換を行うJPGファイルをしています。

Image.open()で読み込んだファイルをsave()でPNGファイルとして保存します。

■実行

今回、書いたスクリプトを、「jpg-png-test.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、print関数で結果を文字列で出力することはしていないので、PNGファイルがちゃんと変更されているか、保存先を確認してみます。

確認してみると、JPGファイルがPNGファイルに変換されていることを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました