Pythonスクリプトの現在の作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)を取得する

Pythonスクリプトの現在の作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)を取得してみます。

なお、全てのプログラム(ファイル、ソフトウェア)は、特定のディレクトリで実行されます。

作業ディレクトリを取得する場合は、osモジュールを使います。osモジュールは、Pythonの標準ライブラリとなっていますので、事前にインストールする必要はありません。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。

■osモジュールを使って現在のスクリプト(プログラム)の作業ディレクトリを取得する

では、実際にosモジュールを使って現在のスクリプト(プログラム)の作業ディレクトリを取得するスクリプトを書いていきます。

■コード

import os

print(os.getcwd())

インポートでosモジュールを呼び出して、現在の作業ディレクトリを取得するためには、os.getcwd関数を使います。()の中は何も記述しません。

今回はos.getcwd関数をprint関数で出力してみます。

■実行

今回書いたコードを「get-working-directory.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、「C:\Users\user」という場所が出力されました。これが現在の作業ディレクトリとなります。

os.getcwd関数を使うと、現在のスクリプト(プログラム)を実行している場所(パス)を確認できるので便利です。

■スクリプト(プログラム)のパスを取得する

次にスクリプト(プログラム)のパスを取得してみます。

■コード

import os 

cwd = os.getcwd()
print("作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)は ", cwd)

script = os.path.realpath(__file__)
print("スクリプトのパスは " , script)

スクリプト(プログラム)のパスを取得するためには、os.path.realpath()を使用します。括弧内に「__file__」と記述します。これでモジュールがロードされたファイルのパス名(スクリプト(プログラム)のパス)を取得できます。

■実行

このスクリプトを「s_path.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

※この時はPython Version3.8.5を使用しています。

実行してみると、スクリプト(プログラム)のパスが取得され出力されることを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました