プロトタイピングツール「Figma(フィグマ)」に無料登録する

プロトタイピングツール「Figma(フィグマ)」に無料登録してみます。

Figma(フィグマ)は、Webベースのベクターグラフィックエディターおよびプロトタイピングツールで、WindowsやMacOSで使える。

■Figma(フィグマ)のアカウント登録を行う

まずは、Figma(フィグマ)(https://www.figma.com/)にアクセスします。

アクセスすると、サイト上部のメニューに「Sign up(サインアップ、登録を申し込む)」ボタンがあります。こちらをクリックします。

クリックすると、ウインドウが表示されます。ウインドウには「Sign up with Google」ボタンが表示されており、お持ちのGoogleアカウントからアカウント登録するか、メールアドレスとパスワードの入力欄にメールアドレスとパスワードを入力し、「Create account(アカウントを作成する)」ボタンをクリックすることでも登録ができます。

今回は、メールアドレスとパスワードを入力し、「Create account(アカウントを作成する」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Tell us about yourself(あなた自身について教えてください)」というウインドウが表示されます。「Your name」の入力欄に自分の名前を入力した後、下の「What kind of work do you do?(あなたはどんな仕事をしていますか?)」と表示されている欄をクリックするとプルダウンメニューが表示されますので、この中であなたの仕事、もしくは仕事に関する項目を選択します。

選択した後に、「Create account(アカウントを作成する)」ボタンをクリックします。クリックする前に、「I agree to join Figma’s mailing list(Figmaのメーリングリストに参加することに同意します)」にチェックを入れるかどうかを決めます。

その後、「By clicking “Create account” you agree to our TOS and Privacy Policy.(「Create account(アカウントを作成する)」ボタンをクリックすると、利用規約とプライバシーポリシーに同意したことになります。)」とウインドウの下に書かれていますので、利用規約(TOS)と、プライバシーポリシー(Privacy Policy)を翻訳して確認しておくと良いです。

確認後、「Create account(アカウントを作成する)」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Verify your email(あなたの電子メールを確認します)」とウインドウに表示されますので、今回アカウント登録に使用したメールアドレスに、メールが届いていますので、確認します。

「Verify your email address」というメールが届いていますので、メール内の「Verify email」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Email verified!」とWebブラウザに表示されます。これでメールアドレスでのアカウント認証は完了となります。

完了後、Figma(フィグマ)の管理画面が表示されます。これでアカウント登録は完了となります。

なお、無料プラン(Starter)の場合は、最大2人の編集者と3つのプロジェクトの作成が可能です。また、30日間の履歴保存が可能で、無制限のクラウドストレージ、無制限の無料視聴者が参加可能となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました