PandasにおけるDataFrameをHTMLテーブルとしてレンダリングする

PandasにおけるDataFrameをHTMLテーブルとしてレンダリングしてみます。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■DataFrameを作成する

DataFrameをHTMLテーブルとしてレンダリングする前に、DataFrameを作成します。

■コード

import pandas as pd

data = {
    '名前':['鈴木','森岡','大林','安田','小林'],
    '出身':['石川','京都','滋賀','東京','大阪'],
    '血液型':['A','B','O','AB','O']
}

df = pd.DataFrame(data, columns=['名前','出身','血液型'])

print(df)

インポートでPandasモジュールを呼び出します。dataという変数を作成し、その中に、今回は「名前」,「出身」,「血液型」という3つの行を追加し格納します。

格納後、dfという変数を作成し、pd.DataFrame()と記述し、格納したDataを元にDataFrameを作成。作成後、dfという変数に格納します。

■実行

このスクリプトを実行すると、作成したDataFrameが出力されます。

■DataFrameをHTMLテーブルとしてレンダリングする

DataFrameが用意できましたので、HTMLテーブルとしてレンダリングするスクリプトを書いていきます。

■コード

import pandas as pd

data = {
    '名前':['鈴木','森岡','大林','安田','小林'],
    '出身':['石川','京都','滋賀','東京','大阪'],
    '血液型':['A','B','O','AB','O']
}

df = pd.DataFrame(data, columns=['名前','出身','血液型'])

result = df.to_html()

print(result)

DataFrameをHTMLテーブルに変換する際は、今回はresultという変数を作成し、その中にto_html()で、今回作成したDataFrameに対して、HTMLテーブルへの変換を行い、格納します。

格納後、print関数で変換されたDataFrameを出力します。

■実行

このスクリプトを、「df_htmltable_2.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、今回作成したDataFrameがHTMLテーブルにレタリングされて出力されました。

■DataFrameをHTMLファイルに変換する

では、次にDataFrameをHTMLテーブルとしてレタリングを行い、HTMLファイルに変換してみます。

■コード

import pandas as pd

data = {
    '名前':['鈴木','森岡','大林','安田','小林'],
    '出身':['石川','京都','滋賀','東京','大阪'],
    '血液型':['A','B','O','AB','O']
}

df = pd.DataFrame(data, columns=['名前','出身','血液型'])

html = df.to_html()

text_file = open(r"C:\Users\user\test\index.html","w")
text_file.write(html)
text_file.close()

DataFrameをHTMLファイルに変換する場合は、今回はhtmlという変数を作成し、その中にto_html()で、今回作成したDataFrameに対して、HTMLテーブルへの変換を行い、格納します。

格納後、text_fileという変数を作成し、その中に、open()と記述し、今回は「C:\Users\user\test\(フォルダパス)」に書き込み用のindex.html(HTMLファイル)を開いた状態で格納します。

格納後、text_fileという変数に対して、write(html)で、DataFrameをHTMLテーブルにしたものを、書き込み用のindex.html(HTMLファイル)に書き込みます。

書き込み後、書き込み用のindex.html(HTMLファイル)を閉じます。

■実行

このスクリプトを「df_htmltable_3.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、「C:\Users\user\test\(フォルダパス)」にindex.html(HTMLファイル)が保存されました。

変換されたindex.html(HTMLファイル)をWebブラウザで開いてみると、今回作成したDataFrameがHTMLテーブルにレタリングされたものが表示されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました