Pythonを使用してスクリーンショットを撮りPDFに変換する

Pythonを使用してスクリーンショットを撮りPDFに変換してみます。

スクリーンショットを撮りPDFに変換するためには、事前にpyautoguiパッケージ、Pillow(PIL)パッケージをPythonにインストールしておく必要があります。

■Python

Pythonバージョン

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。(Windows10)

■スクリーンショットを撮りPDFに変換する

では、早速Pythonを使用してスクリーンショットを撮りPDFに変換するスクリプトを書いていきます。

■コード

import pyautogui
from PIL import Image

Screenshots = pyautogui.screenshot()
ScreenshotsPath = r"C:\Users\user\test\Screenshots_test.png"
Screenshots.save(ScreenshotsPath)

image_1 = Image.open(ScreenshotsPath)
im1 = image_1.convert("RGB")
pdffilePath = r"C:\Users\user\test\pdf_test.pdf"
im1.save(pdffilePath)

インポートでpyautoguiパッケージ、Pillow(PIL)パッケージを呼び出して、Screenshotsという変数を作成し、pyautogui.screenshot()でスクリーンショットを撮ります。次に、ScreenshotsPathという変数を作成し、撮ったスクリーンショットを保存する場所の指定と、ファイルの名前を付けます。今回の保存場所は「C:\Users\user\test(フォルダパス)」を指定しています。なお、ファイルの拡張子は.pngとしています。

指定した後は、Screenshots.save()で撮ったスクリーンショットを保存し、指定した保存場所にスクリーンショットのファイルを保存します。

保存後、image_1という変数を作成し、Image.open()で、撮ったスクリーンショットのファイルを開きます。

開いたファイルをim1という変数を作成し、convert()でRGB形式のファイルに変換します。

変換後、pdffilePathという変数を作成し、RGB形式に変換されたファイルを保存する場所の指定とファイル名を付けます。この時に拡張子を.pdfと記述するのをお忘れなく。

その後、save()でRGB形式に変換されたファイルを、指定したファイル名を付けて、指定した保存場所に収納します。

■実行

今回の書いたスクリプトを「screenshot_convert_pdf.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、print関数による文字列の出力は記述していないので、何も表示されません。表示されないですが、今回指定した保存場所を確認してみます。

確認してみると、「Screenshots_test.png」というPNGファイルが作成され、「pdf_test.pdf」というPDFファイルに変換されていることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました