XAMPPを使いPHPの動作確認・テストを行ってみる

XAMPPを使いPHPの動作確認・テストを行ってみます。

Windows向けXAMPP(ザンプ)をインストールする方法を公開しましたので、その続きで行っていきます。

XAMPPのインスタグラムが完了し、http://localhost/でPHPのファイルが表示できるようになります。表示されるPHPのファイルは「xamppフォルダの”htdocs”というフォルダ(C:\xampp\htdocs)」に置かれているものが表示できます。

そのため、まず「xamppフォルダの”htdocs”というフォルダ(C:\xampp\htdocs)」に置くPHPファイルを作成します。

動作確認・テストのためのPHPファイルの作成

まず、テキストエディタを起動します。

<?php
header( 'Content-type:text/html; charset=utf-8' );
echo '今日は' . date( 'Y年m月d日 H時i分s秒' ) . 'です';
?>

起動後、動作確認・テストのための上記のコードを記述します。

記述後は、「test.php」というファイル名で、utf8で、デスクトップに保存します。

保存後、「xamppフォルダの”htdocs”というフォルダ(C:\xampp\htdocs)」に「php_test」というフォルダを新たに作成し、その中に先程のtest.phpのファイルを移動させます。

移動後、Windowsの「スタートメニュー」から「XAMPP Control Panel」をクリックします。

クリックすると、「XAMPP Control Panel」のウインドウが表示されます。こちらで、Moduleの「Apache」で、Actionsの「Start」ボタンをクリックします。

11:07:49 [Apache] Status change detected: running

上記のように表示されます。

表示された状態で「http://localhost/」にアクセスします。

アクセスすると、「Welcome to XAMPP for Windows 7.4.7」といった表示がされれば、Apacheを起動できたということです。

次に、PHPの動作確認・テストを行いますので、「xamppフォルダの”htdocs”というフォルダ(C:\xampp\htdocs)」に「php_test」というフォルダを作成し、その中にtest.phpを置きましたので、「http://localhost/php_test/test.php」にアクセスしてみます。

アクセスしてみると、Apacheが起動され、PHPのプログラムが実行されたことを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました