PHPのis_writable()関数を使用しファイルが書き込み可能かどうかを確認する

PHPのis_writable()関数を使用しファイルが書き込み可能かどうかを確認してみます。

is_writable()関数は、指定されたファイルが書き込み可能かどうかをチェックすることができます。なお、ファイルが書き込み可能である場合はTRUEを返し、失敗した場合はE_WARNINGを返します。

■基本的な構文

is_writable(file)

fileは、書き込み可能かどうかを確認するファイルのパスを指定します。

■環境

・Windows10

・XAMPP 8.0.6

・PHP Version 8.0.6

■PHPのis_writable()関数を使用しファイルが書き込み可能かどうかを確認する

では、早速PHPのis_writable()関数を使用しファイルが書き込み可能かどうかを確認してみます。

■コード

<html lang="ja"> 
<head> 
<title>PHPのis_writable()関数を使用しファイルが書き込み可能かどうかを確認する</title>
</head>
<body>
<?php

$file = "test.txt";
if(is_writable($file)){
    echo("$file は書き込み可能です。");
}else{
    echo("$file は書き込み不可です。");
}
?>
</html>

今回は、fileという変数を宣言し、その中にファイルを指定し格納します。

次に条件分岐(if文)を使用し、括弧内でis_writable()関数を使用します。is_writable()関数の括弧内には、書き込み可能かどうかを確認するファイル(file変数)を引数,パラメータとして渡します。その後、書き込み可能かどうかを確認し、条件を満たす場合には、echo文による文字列(書き込み可能)を出力します。

もし、書き込み可能かどうかを確認し、条件を満たさない場合(else)は、echo文による文字列(書き込み不可)を出力します。

なお、今回はファイルは「test.txt」というテキストファイルを用意しました。ファイルの中身は空となっています。

■実行

では、このスクリプトを「check_for_writable.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、is_writable()関数を使用したことで、今回指定したファイルが書き込み可能かどうかの確認が行われ、条件を満たしているので、書き込み可能と出力されました。

出力後、「test_2.txt」という存在しないファイルを指定し、実行させてみると、is_writable()関数を使用したことで、書き込み可能かどうかの確認が行われ、存在していないファイルを指定したため、条件を満たしていないので、書き込み不可と出力されることを確認しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました