PandasにおけるDataFrameでif条件を適用する

PandasにおけるDataFrameでif条件を適用してみます。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■DataFrameを作成する

DataFrameでif条件を適用する前に、DataFrameを作成します。

■コード

import pandas as pd 

data = {
    '名前':['田中','吉岡','真鍋','源平','戸田'],
    '国語の点数':[50,10,60,30,80]
}

df = pd.DataFrame(data,columns=['名前','国語の点数'])

print(df)

インポートでPandasモジュールを呼び出します。dataという変数を作成し、その中に「名前」、「国語の点数」の2つの列を格納します。

格納後、dfという変数を作成し、pd.DataFrame()と記述し、DataFrameを作成。作成後、dfという変数に格納します。

■実行

このスクリプトを実行すると、作成したDataFrameが出力されます。

■DataFrameでif条件を適用する

DataFrameの用意ができましたので、DataFrameでif条件を適用するスクリプトを書いていきます。

■国語の点数が50点以下を出力する

■コード

import pandas as pd 

data = {
    '名前':['田中','吉岡','真鍋','源平','戸田'],
    '国語の点数':[50,10,60,30,80]
}

df = pd.DataFrame(data,columns=['名前','国語の点数'])

print(df)

kokugo = df[(df['国語の点数'] <= 50)]

print(kokugo)

今回は、DataFrameでif条件を適用し国語の点数が50点以下を出力してみます。出力する場合は、dfという変数を作成し、pd.DataFrame()と記述し、DataFrameを作成。

その後に、kokugoという変数を作成し、DataFrameを格納したdfという変数に対して「国語の点数」を指定。指定し比較演算子(<=,等しいかそれ以下)を使用します。これでif条件を適用することができます。

最後に、kokugoという変数の情報をprint関数で出力してみます。

■実行

このスクリプトを「df_ifcondition_2.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、作成したDataFrame内で国語の点数が50点以下の名前を出力することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました