Pythonでdatetimeモジュールのtimedeltaで将来の日付を計算する

Pythonでdatetimeモジュールのtimedeltaで将来の日付を計算してみます。(特定の日数、○○日後の日付を知りたい場合)

今回使用するtimedeltaはdatetimeモジュールに含まれています。datetimeモジュールは、標準ライブラリですので、事前にインストールする必要はありません。

■Python

Google Colaboratory(Google Colab),Python3.7.10

■datetimeモジュールのtimedeltaで将来の日付を計算する

では、早速、datetimeモジュールのtimedeltaで将来の日付を計算してみます。

■コード

from datetime import datetime
from datetime import timedelta

time_now = datetime.now()

future_date = time_now + timedelta(days=365)
print(future_date)

将来の日付を計算する場合は、datetimeモジュールのdatetimeとtimedeltaを呼び出します。

その後に、time_nowという変数を定義し、その中でdatetime.now()関数を使用し、コンピュータ上の現在の日時を取得します。取得後、time_nowという変数に格納します。

格納後、future_dateという変数を定義し、その中にtime_now変数とtimedeltaオブジェクトを、算術演算子(”+”,プラス)を用いて、足し算(加算)します。なお、今回のtimedeltaオブジェクトは括弧内に「days=365」と指定し、365日経過(365日後)オブジェクトとなっています。

これで、現在の日時から、365日が経過(365日後)が加算され結果として、将来の日付が、future_date変数に格納されます。

最後に、future_date変数の情報をprint()関数で出力します。

■実行

このスクリプトを実行してみます。

実行してみると、datetimeモジュールのtimedeltaを用いたことで、将来の日付を計算され、計算された日付をprint()関数で出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました