2次元配列(リストのリスト)を使用し、PandasにおけるDataFrameを作成する

2次元配列(リストのリスト)を使用し、PandasにおけるDataFrameを作成してみます。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■2次元配列(リストのリスト)を作成する

2次元配列(リストのリスト)を使用し、PandasにおけるDataFrameを作成しますので、まずは2次元配列(リストのリスト)を作成します。

■コード

data = [['田中','23'],['鈴木','32'],['大林','29']]

print(data)

今回は、dataという2次元配列を作成し、その中に文字列と数値をそれぞれ格納します。

■実行

このスクリプトを実行すると、作成した2次元配列が出力されます。

■2次元配列を使用し、PandasにおけるDataFrameを作成する

2次元配列が用意できましたので、PandasにおけるDataFrameを作成するスクリプトを書いていきます。

■コード

import pandas as pd

data = [['田中','23'],['鈴木','32'],['大林','29']]

df = pd.DataFrame(data,columns =['名前','年齢'])

print(df)

インポートでPandasモジュールを呼び出します。dfという変数を作成し、その中で、pd.DataFrame()を使用し、DataFrameを作成します。括弧内の第1の引数では、今回作成した2次元配列を指定し、「columns =」でDataFrameの列名を指定し、格納します。

格納後、dfという変数の情報をprint関数で出力します。

■実行

このスクリプトを「2-D_array_2.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、今回用意した2次元配列を使用し、DataFrameが作成され出力できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました