クラウド「MongoDB Atlas」に無料アカウント登録する

クラウド「MongoDB Atlas」に無料アカウント登録してみます。

ちなみにFree(フリー)プランでは、512MBのストレージを無料利用でき、最大5GBまで拡張することができます。MongoDB Atlasの学習向きです。

■PC環境

Windows 10 Pro

■アカウント登録

まずは、「The most popular database for modern apps | MongoDB(https://www.mongodb.com/)」のサイトへアクセスします。

アクセスすると、右側に「Try Free」ボタンがありますので、こちらをクリックします。

クリックすると、「Try MongoDB Products | MongoDB(https://www.mongodb.com/try)」のページへ移動します。ページ内の右側に入力フォームがありますので、項目を入力していきます。なお、Googleアカウントを作成されている場合は、Googleアカウントからも登録が可能です。

・Your Company(optional)
貴方の会社名(オプションなので個人の場合は不要)

・How are you using MongoDB?
MongoDBを使う目的(クリックするとメニューが表示され1つを選択する)

・Your Work Email
貴方の仕事用のメールアドレス

・First Name
名前(名)

・Last Name
名字(姓)

・Password
パスワードを設定する

入力後、「I agree to the terms of service and privacy policy.(利用規約とプライバシーポリシーに同意します。)」のチェックボックスに、利用規約とプライバシーポリシーを翻訳ツールなどで確認し、チェックを入れます。

その後、「Get started free」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Let’s get your account set up(アカウントの設定をしましょう)」と表示されますので、まずは「Name your organization and project(組織とプロジェクトの名称)」を設定します。組織、もしくは個人(Organization)と、Project Name(プロジェクトの名前)を入力します。

入力後、ページ下に移動します。「好きな言語は何ですか?(What is your preferred language?)」と質問されていますので、好きなプログラミング言語を選択します。あとでも変更は可能です。

選択後、「Continue」ボタンをクリックします。

クリックすると「Cloud Provider & Region(クラウド・プロバイダーと地域)」が表示されますので、今回は「AWS」で「NORTH AMERICA」を選択します。

選択後、ページ下に移動し、内容を確認し、「Create Cluster」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Your cluster is being created…(あなたのクラスターが作成されています…)」と表示されますので、しばらく待ちます。

しばらくすると、「SANDBOX」の「Cluster」に緑色の丸が表示されます。これでクラスターの作成が完了となります。

■NetworkAccess(ネットワーク接続)の設定

完了後、NetworkAccess(ネットワーク接続)の設定を行います。「Clusters」と表示された左側にメニューがありますので、「Network Access」をクリックします。クリックすると、「Add IP Address」ボタンがありますので、こちらをクリックします。

クリックすると、「Add IP Access List Entry(IPアクセスリストエントリーの追加)」というポップアップが表示されます。「プロジェクトのIPアクセスリストのエントリからのみ、クラスタへのクライアント接続を許可します。(Atlas only allows client connections to a cluster from entries in the project’s IP Access List.)」と書かれていますので、今回は「ALLOW ACCESS FROM ANYWHERE(どこからでもアクセス可能)」のボタンをクリックします。

クリックすると、「Access List Entry: 0.0.0.0/0」と表示されますので、これは変更しません。あとの入力欄には何も入力せずに「Confirm」ボタンをクリックします。

クリックすると、今回追加されたエントリーが「Network Access」に表示されます。これでNetworkAccess(ネットワーク接続)の設定は完了です。

■Database Access(データベース接続)の設定

完了後、左側のメニューから「Database Access」をクリックします。クリックした後に「Add New Database User」ボタンをクリックします。

クリックすると「Add New Database User(新規データベースユーザーの追加)」というポップアップが表示されます。「Authentication Method(認証方法)」で「Password」を選択し、「Password Authentication(パスワード認証)」の項目でIDとパスワードを入力します。

入力後、ポップアップの下へ移動し、「Database User Privileges(データベースのユーザー権限)」は、今回「Read and write to any database(あらゆるデータベースへの読み書きが可能)」を選択します。「Restrict Access to Specific Clusters/Data Lakes(特定のクラスター/データレイクへのアクセスを制限する)」と「Temporary User(一時的なユーザー)」は「OFF」にした状態で「Add User」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Database Access」に今回設定したユーザーが追加されます。

これでDatabase Access(データベース接続)の設定は完了です。また、これでデータベースへ接続する準備はほとんど完了となります。

あとは、左側のメニューから「Clusters(クラスター)」から「Clusters」の「SANDBOX」の「CONNECT(接続する)」ボタンをクリックし、データベースへの接続を行っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました