Pythonでクラス変数を宣言しアクセスする

Pythonでクラス変数を宣言し、アクセスしてみます。

■Python

Google Colaboratory(Google Colab),Python3.7.10

■クラス変数を宣言しアクセスする

では、早速、クラス変数を宣言しアクセスするスクリプトを書いていきます。

■コード

class Test:
  World = 'こんにちは、世界'
  def a_class_method():
    print(Test.World)

Test.a_class_method()

今回は「Test」というクラスを宣言します。さらにWorldというクラス変数を宣言し、その中に文字列を格納します。格納後、defを用いて「a_class_method」クラスメソッドを定義します。

「a_class_method」クラスメソッドが呼び出された(実行)時の処理は、「Test」というクラス変数のWorld変数に格納された情報を、print()関数を用いて出力させるというものです。

最後に、Testの「a_class_method」クラスメソッドにアクセスするために「Test.a_class_method()」と記述します。括弧には引数,パラメータを渡しません。

■実行・検証

スクリプトを作成後、このスクリプトを実行してみます。

実行してみると、今回宣言した「Test」というクラス変数内の「a_class_method」クラスメソッドが呼び出し、処理を実行し、World変数内の情報(文字列)を出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました