Pythonでクラスを定義し定義したクラス内の変数にアクセスする

Pythonでクラスを定義し定義したクラス内の変数にアクセスしてみます。

■Python

Google Colaboratory(Google Colab),Python3.7.10

■クラスを定義し変数にアクセスする

では、早速、クラスを定義し、クラス内にクラス変数を定義しアクセスするスクリプトを書いていきます。

■コード

class test(object):
  hello = "こんにちは、世界"

example = test()

print(example.hello)
print(test.hello)

今回は「test」というクラスを定義します。括弧には引数,パラメータとして「object」を渡します。さらにhelloというクラス変数を定義し、その中に文字列を格納します。

次にexampleという変数を定義し、その中に今回定義した「test」というクラスを格納します。

最後にexampleに対して、「test」というクラス内のクラス変数である「hello」にアクセスしてみます。これでクラス変数内の情報が取得され、print()関数で出力することができます。

また、「Test」というクラスに対して、このクラス内のクラス変数である「hello」にアクセスしてみます。これでも、「hello」というクラス変数内の情報が取得できます。

■実行・検証

スクリプトを作成後、このスクリプトを実行してみます。

実行してみると、今回定義した「test」というクラスを格納したexample変数から「hello」というクラス変数にアクセスするバージョン、そして「test」というクラスからクラス内で定義したクラス変数にアクセスするバージョンの両方で、クラス変数にアクセスすることができ、変数内の情報をprint()関数で出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました