Pythonで一時的なランダムパスワードを生成する

Pythonで一時的なランダムパスワードを生成してみます。

ランダムパスワードを生成する際は、randomモジュールを使います。randomモジュールは、Pythonの標準ライブラリとなっていますので、事前にインストールする必要はありません。

■Python

Pythonバージョン

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。

■randomモジュールを使い、ランダムパスワードを生成するスクリプトを書く

それでは実際にrandomモジュールを使い、ランダムパスワードを生成するスクリプトを書いていきます。

■コード

import random

characters = '0123456789abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ!"#$%&\'()*+,-./:;<=>?@[\\]^_`{|}~'

#一時的なパスワード
temporarypassword = ''

#15文字のランダムな文字列を生成します。
for i in range(0, 15):
    temporarypassword += random.choice(characters)

print(temporarypassword)

インポートでrandomモジュールを呼び出して、charactersにパスワードで使用する文字を設定します。大文字のみ、小文字のみの場合は、charactersの中にいれた文字を変更します。

次に、temporarypassword(一時的なパスワード)という変数を作成します。変数は、15文字のランダムな一時パスワードを表すものになります。

その後は、0から14までの15回繰り返し処理があるforループを作成します。したがって、15文字の出力が結果になります。15文字以上、以下のパスワードを生成したい場合は、forループを変更します。

最後にprint関数でtemporarypassword変数を出力します。

■実行

今回書いたスクリプトを「random-password.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、スクリプトを実行するごとに、15文字のランダムパスワードが生成されることを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました