Pythonでファイルの作成日を取得する

Pythonでファイルの作成日を取得してみます。

Pythonでファイルの作成日を取得する場合は、osモジュールを使います。なお、osモジュールはPythonの標準ライブラリとなっていますので、事前にインストールする必要はありません。

■Python

Pythonバージョン

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。(Windows10)

■テスト用のファイルを用意する

では、早速osモジュールを使ってファイルの作成日を取得していきますが、今回はテストで行いますので、テスト用のファイルを用意します。

今回用意したファイルは「test-text.txt」になります。ファイルが保存されている場所は「C:\Users\user\test(フォルダパス)」です。

■osモジュールを使いファイルの作成日を取得する

ファイルが用意できましたので、osモジュールを使いファイルの作成日を取得するスクリプトを書いていきます。

■コード

import os

created = os.stat(r'C:\Users\user\test\test-text.txt').st_ctime

print(created)

インポートでosモジュールを呼び出して、os.stat()で指定されたファイルの属性を取得します。さらにst_ctimeで作成時間を取得します。

取得したものをprint関数で取得してみます。

■実行

今回書いたスクリプトを「file-creation-date.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、「1599432437.717803」という数字が出力されます。これはタイムスタンプというもので時間を表していますが、コンピュータには理解できるかもしれませんが、人間が普段見慣れた時間の表記とは異なります。

■タイムスタンプを変換する

異なりますので、タイムスタンプを人間が読みやすい形に変換します。

■コード

import os
from datetime import datetime

created = os.stat(r'C:\Users\user\test\test-text.txt').st_ctime

print(datetime.fromtimestamp(created))

変換するためには、datetimeモジュールのdatetimeクラスをインポートすることで変換できます。そして、datetime.fromtimestamp()で、タイムスタンプを人間が読みやすい形(日時)に変換します。

■実行

コードを追加したスクリプトをコマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、タイムスタンプが変換されて人間が読みやすい形(日時)として出力されることを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました