PythonでPushbullet用のライブラリをインストールし使用する

PythonでPushbullet(プッシュバレット)用のライブラリをインストールし使用してみます。

pushbullet.py(https://github.com/rbrcsk/pushbullet.py)は、Pushbullet(プッシュバレット)用のライブラリです。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■pushbullet.pyをインストールする

pushbullet.pyをインストールを行いますが、今回はpipを経由してインストールを行うので、まずWindowsのコマンドプロンプトを起動します。

pip install pushbullet.py

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

なお、今回は、pythonランチャーを使用しており、Python Version 3.8.5にインストールを行うために、pipを使う場合にはコマンドでの切り替えを行います。

py -3.8 -m pip install pushbullet.py

切り替えるために、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Defaulting to user installation because normal site-packages is not writeable
Collecting pushbullet.py
Downloading pushbullet.py-0.12.0-py2.py3-none-any.whl (10 kB)
Collecting python-magic
Downloading python_magic-0.4.24-py2.py3-none-any.whl (12 kB)
Requirement already satisfied: requests>=1.0.0 in c:\users\user_\appdata\roaming\python\python38\site-packages (from pushbullet.py) (2.25.1)
Collecting websocket-client>=0.53.0
Downloading websocket_client-1.1.0-py2.py3-none-any.whl (68 kB)
|████████████████████████████████| 68 kB 848 kB/s
Requirement already satisfied: urllib3<1.27,>=1.21.1 in c:\users\user_\appdata\roaming\python\python38\site-packages (from requests>=1.0.0->pushbullet.py) (1.26.5)
Requirement already satisfied: chardet<5,>=3.0.2 in c:\users\user_\appdata\roaming\python\python38\site-packages (from requests>=1.0.0->pushbullet.py) (4.0.0)
Requirement already satisfied: certifi>=2017.4.17 in c:\users\user_\appdata\roaming\python\python38\site-packages (from requests>=1.0.0->pushbullet.py) (2021.5.30)
Requirement already satisfied: idna<3,>=2.5 in c:\users\user_\appdata\roaming\python\python38\site-packages (from requests>=1.0.0->pushbullet.py) (2.10)
Installing collected packages: python-magic, websocket-client, pushbullet.py
Successfully installed pushbullet.py-0.12.0 python-magic-0.4.24 websocket-client-1.1.0

Enterキーを押すと、インストールが開始され、上記のように「Successfully installed」と表示されます。これが表示されれば、pushbullet.pyが正常にインストールされたことになります。

なお、今回はpushbullet.pyのバージョン0.12.0をインストールしました。

■APIを使用するために、APIキー(Access Tokens)を取得する

インストール後、APIを使用するために、APIキー(Access Tokens)を取得します。取得するためには、Pushbullet(プッシュバレット)にアカウント登録する必要(無料)があります。

アカウントでログインすると、Pushbullet(プッシュバレット)の管理画面が表示されます。管理画面内の「Settings」をクリックし、「Account」をクリックします。クリックすると「Account」の詳細が表示されます。詳細の中に「Access Tokens」という項目がありますので、項目内の「Create Access Token」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Access Tokens」が発行されます。発行された「Access Tokens」のコピーし、保存しておきます。

■Pushbulletを使用し、テキストノートをプッシュ通知する

保存後、PythonでPushbulletを使用し、テキストノートをプッシュ通知するスクリプトを書いてみます。

■コード

from pushbullet import Pushbullet

pd = Pushbullet("Access Tokens")

push = pd.push_note("テスト","この内容はテストです")

importでPushbullet(pushbullet.py)モジュールを呼び出します。

呼び出した後に、pdという変数を作成し、その中でPushbullet()を使用します。Pushbullet()の括弧内には、引数,パラメーターとして、先ほど発行した「Access Tokens」を記述します。

その後、pushという変数を作成し、pd.push_note()を使用します。pd.push_note()の括弧内には、第1の引数,パラメーターとしてテキストノートのタイトルを渡します。第2の引数,パラメーターとしてテキストノートの本文を渡します。

これで、テキストノートをプッシュ通知することができます。

■実行

このスクリプトを「push_test.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、今回のスクリプトはprint()関数を使用し、プッシュ通知の結果を文字列で出力するコードは記述していないので、何も出力されません。

出力されませんが、事前にPushbullet(プッシュバレット)と連携しておいたスマートフォン(Moto G8 Power(Android11))を確認するとプッシュ通知を確認することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました