PHPのfopen()関数でファイルを開く

PHPのfopen()関数でファイルを開いてみます。

PHPはサーバーサイドのプログラミング言語であり、Webサーバーに保存されているファイルやディレクトリを操作することが可能です。今回はfopen()関数を使用します。fopen()関数は、ファイルまたはURLを開くことができます。fopen()関数が失敗した場合、FALSEを返し、失敗時にはエラーを出力されます。

なお、関数名の前に「@」をつけることで、エラー出力を隠すことができます。

■基本的な構文

fopen(file_path, mode, include_path, context)

file_pathは、ファイルを指定する必須のパラメーターです。

modeは、ファイルのアクセスタイプを指定する必須のパラメーターです。

include_pathは、オプションのパラメーターです。include_path(例:php.ini)内のファイルを検索したい場合は1に設定する。

contextは、ストリームの動作を設定するためのオプションのパラメーターです。

■環境

・Windows10

・WampServer Version 3.2.3 64bit

・PHP Version 7.3.21

■PHPのfopen()関数を使用し、ファイルを開く

では、PHPのfopen()関数を使用し、ファイルを開いてみます。

■コード

<html lang="ja">
<head>
<title>fopen()関数を使用しファイルを開く</title>
</head>
<body>
<?php
$open_file = fopen("C:/wamp64/www/project/test.txt","r") or die("エラー:ファイルを開くことができません。");
if($open_file){
    echo "ファイルが正常に開かれました。";
    fclose($open_file);
}
?>
</body>
</html>

今回はopen_fileという変数を宣言し、その中でfopen()関数を使用します。括弧内の第1のパラメーター,引数には開くファイルを指定し、第2のパラメーター,引数でモードを”r (読み込みのみで開く)”と指定。さらにdie()関数とor 演算子を使用し、ファイルを開いた時のエラー処理を記述します。今回は括弧内に文字列を記述し、出力します。

次に条件分岐(if文)を使用し、ファイルが開けたTRUE(真)の場合に、echo文で文字列を出力するようにします。出力後、fclose()関数でopen_file変数を閉じます。

なお、今回は「C:\wamp64\www\project(フォルダパス)」内に「test.txt」という空のテキストファイルを用意しています。

■実行

では、このスクリプトを「open_file.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、今回指定したファイルの読み込みが開始され、正常にファイルが読み込まれ、条件分岐(if文)でTRUE(真)となり、「ファイルが正常に開かれました。」と文字列が出力されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました