OpenCVモジュールを使用してPythonで画像にテキストを追加する

OpenCVモジュールを使用してPythonで画像にテキストを追加してみます。

OpenCVモジュールは、Pythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

■Python

Pythonバージョン

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。(Windows10)

■画像を用意する

OpenCVモジュールを使用してPythonで画像にテキストを追加する前に、表示させる画像を用意します。

今回は「sky_sample.jpg」という雲の画像を用意しました。保存されている場所は「C:\Users\user\test(フォルダパス)」です。

■OpenCVモジュールを使用して画像にテキストを追加する

表示させる画像を用意できましたので、OpenCVモジュールを使用して画像にテキストを追加するスクリプトを書いていきます。

■コード

import cv2

image= cv2.imread(r'C:\Users\user\test\sky_sample.jpg')

cv2.putText(image, text='sky', org=(10, 180), fontFace=cv2.FONT_HERSHEY_SIMPLEX, fontScale=0.8, color=(0,0,0),
            thickness=2, lineType=cv2.LINE_AA)

cv2.imshow('img', image)
cv2.waitKey(0)
cv2.destroyAllWindows()

インポートで、cv2(OpenCV)モジュールを呼び出して、画像にテキストを追加する場合は、putText()関数を使います。今回用意した画像(image)を指定して、textで書き込む文字をしています。今回は「sky」という文字を画像に書き込んでみます。orgで画像中の座標を指定。fontFaceでフォントの種類を指定。fontScaleでフォントのスケールファクタを指定。colorで文字列の色を指定。thicknessでフォントの描画に利用される線の太さを指定。lineTypeで線の種類を指定。

■実行

今回のスクリプトを「Image_text_added.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、ウインドウが表示され、今回用意した画像ファイルにテキストが追加されていることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました