テスラの所有者が制限付き 「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転) ベータ版を体験する

アメリカ合衆国のシリコンバレーを拠点している自動車会社「テスラ」の車所有者が制限付き 「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転) ベータ版を体験している。

「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転) の限定ベータ版は、2020年10月21日後半にリリースされ、テスラの所有者に早期アクセスできるようになっている。

参考URL1:https://www.teslarati.com/tesla-full-self-driving-beta-release-notes-video/

参考URL2:https://twitter.com/brandonee916/status/1319106273871159296/photo/1

参考URLから確認できる「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転)のUIはかなり荒いものであるが、正式なリリースまでにはさらに洗練される可能性は高い。

「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転)のUIなどを見ていると、とてもわくわくする。映画の世界が現実になったような感じだ。

参考URL:https://twitter.com/teslaownersSV/status/1319097145358598144

「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転)の説明文を公開している。Googleなどを使い、日本語に訳してみた。

■「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転) ベータ版(一部):日本語訳

フル自動運転・完全自動運転 (ベータ版)
■市道・街路
「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転) は、アクセス制限ベータテストの初期段階にあり、注意して使用する必要があります。最悪の場合、それは間違ったことをするかもしれないので、常にハンドルに手を置いて、道路に特別な注意を払わなければなりません。
「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転) を有効にすると、高速道路の車線を変更したり、ナビゲーションルートに沿ってフォークを選択したり、他の車両やオブジェクトの周囲を移動したり、左右に曲がることができます。制限付きのベータ版でフル自動運転を使用するのは、常に道路に注意を払い、特に死角、交差点の交差点、および狭い運転状況では、すぐに行動できるように準備しておく場合だけです。

■スピードアシストの改善点
一般道路に加えて、Speed Assistは車のカメラを利用して制限速度標識を検出し、高速道路の制限速度データの精度を向上させる。スピードアシストの設定を調整するときは、 [コントロール] → [オートパイロット] → [速度制限] をタップします。

■優先するBluetoothデバイス
近くの間違った電話に接続しないように、優先度の高いBluetoothデバイスを設定できるようになりました。車は、他のペアリングされた電話機に接続する前に、選択されたファイルに関連付けられている優先するBluetoothデバイスに接続しようとします。

やはり、まだベータ版なので、注意して使用する必要ということが書かれており、ハンドルに手を置いて、道路に特別な注意しなければいけないが、近い将来完全に自動運転できるようになる可能性は高いと考える。

限定ベータ版を受け取ることができたのは一部の所有者だけだが、日本でも「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転)が広く普及すれば、人の暮らしや宅配業・運送業は変わる。

最後に、 「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転) ベータ版を受け取った所有者が、テスト走行に出たときの感想が公開されていた(https://www.teslarati.com/tesla-fsd-beta-real-world-test-video-insights/)が、その中で気になった感想があった。

””スクリーン(画面)が、「Full Self-Driving(FSD)」 (完全自動運転)に変わった瞬間、未来のコンピュータグラフィックに変わり、「コンピュータが見ているものを見ているように見える」””

うまく翻訳できているかは自信がないが、とても””近い距離でAIと人間が共存している””ということを感じた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました