gTTSを使用しPythonで日本語の音声認識(テキスト読み上げ)をする

gTTSを使用しPythonで日本語の音声認識(テキスト読み上げ)をしてみます。

Pythonで日本語の音声認識(テキスト読み上げ)を行う際は、gTTSモジュールが必要となります。Pythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

なお、gTTSモジュールはAPIを使用していますので、インターネット接続が必要となります。

■Python

Pythonバージョン

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。(Windows10)

■gTTSモジュールをインストールする

まずは、gTTSモジュールをインストールします。インストールを行う際は、Windowsのコマンドプロンプトを起動します。

pip install gTTS

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Collecting gTTS
Downloading gTTS-2.1.2-py3-none-any.whl (25 kB)
Collecting gtts-token>=1.1.4
Downloading gTTS-token-1.1.4.tar.gz (3.9 kB)
Collecting click
Downloading click-7.1.2-py2.py3-none-any.whl (82 kB)
|████████████████████████████████| 82 kB 408 kB/s
Requirement already satisfied: six in c:\pg\python38\lib\site-packages (from gTTS) (1.15.0)
Collecting beautifulsoup4
Downloading beautifulsoup4-4.9.3-py3-none-any.whl (115 kB)
|████████████████████████████████| 115 kB 1.1 MB/s
Collecting requests
Downloading requests-2.25.0-py2.py3-none-any.whl (61 kB)
|████████████████████████████████| 61 kB 1.9 MB/s
Collecting soupsieve>1.2; python_version >= “3.0”
Downloading soupsieve-2.0.1-py3-none-any.whl (32 kB)
Collecting chardet<4,>=3.0.2
Downloading chardet-3.0.4-py2.py3-none-any.whl (133 kB)
|████████████████████████████████| 133 kB 3.3 MB/s
Collecting certifi>=2017.4.17
Downloading certifi-2020.11.8-py2.py3-none-any.whl (155 kB)
|████████████████████████████████| 155 kB 3.2 MB/s
Requirement already satisfied: idna<3,>=2.5 in c:\pg\python38\lib\site-packages (from requests->gTTS) (2.10)
Collecting urllib3<1.27,>=1.21.1
Downloading urllib3-1.26.2-py2.py3-none-any.whl (136 kB)
|████████████████████████████████| 136 kB 3.3 MB/s
Using legacy setup.py install for gtts-token, since package ‘wheel’ is not installed.
Installing collected packages: chardet, certifi, urllib3, requests, gtts-token, click, soupsieve, beautifulsoup4, gTTS
Running setup.py install for gtts-token … done
Successfully installed beautifulsoup4-4.9.3 certifi-2020.11.8 chardet-3.0.4 click-7.1.2 gTTS-2.1.2 gtts-token-1.1.4 requests-2.25.0 soupsieve-2.0.1 urllib3-1.26.2

Enterキーを押すと、インストールが開始され、「Successfully installed」と表示されます。これが表示されれば正常にインストールは完了となります。

■gTTSを使用し日本語の音声認識(テキスト読み上げ)をする

インストールは完了しましたので、gTTSを使用し日本語の音声認識(テキスト読み上げ)をするスクリプトを書いていきます。

■コード

from gtts import gTTS

tts =gTTS(text="今日もいい天気ですね",lang="ja")

tts.save(r'C:\Users\user\test\Goodweather.mp3')

インポートでgTTSモジュールを呼び出して、ttsという変数を作成し、gTTS()と記述します。括弧内には、第1の引数には日本語での読み上げるテキストを指定します。第2の引数には、読み上げる言語を指定します。今回は日本語での指定なので、「ja」とします。英語の場合は「en」となります。

最後に読み上げたテキストを、save()で指定したファイルの保存場所にmp3形式で保存してみます。

■実行

今回書いたスクリプトを「voice_recognition_jp.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、print関数での文字列出力は行っていないので、何も表示されません。表示されませんが、今回指定したmp3形式のファイルの保存場所を確認します。

確認すると、mp3形式のファイルが保存されていることが確認できました。

保存されたmp3形式のファイルを再生すると、日本語でテキストを読み上げていることも確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました