PHPのarray_fill()関数を使用し配列に値を入れる(埋める)

PHPのarray_fill()関数を使用し配列に値を入れてみます。

array_fill()関数は、配列に値を入れることができます。戻り値は、値を埋めて満たされた配列を返す。

■基本的な構文

array_fill(index, number, value)

indexは、 配列の最初のインデックスを指定します。

numberは、挿入する値(要素)の数を指定します。

valueは、配列を埋めるために使用する値(要素)を指定します。

■環境

・Windows10

・XAMPP 8.0.6

・PHP Version 8.0.6

■PHPのarray_fill()関数を使用し配列に値を入れる

では、PHPのarray_fill()関数を使用し配列に値を入れるスクリプトを書いていきます。

■コード

<html lang="ja"> 
<head> 
<title>PHPのarray_fill()関数を使用し配列に値を入れる</title>
</head>
<body>
<?php
$a = array_fill(5,3,"apple");
$b = array_fill(0,1,"strawberry");
print_r($a);
echo "<br>";
print_r($b);
?>
</body>
</html>

今回はaという変数を定義し、空の変数を用意します。その中でarray_fill()関数を使用します。array_fill()関数の括弧内の第1の引数,パラメーターに配列の最初のインデックスを渡します。インデックスは、通常であれば「0」からですが、今回は「5」を渡します。

第2の引数,パラメーターに挿入する値の数を渡します。今回は「3」を渡します。第3の引数,パラメーターには、配列を埋めるために使用する値を渡します。今回は文字列を渡します。

これで配列に値を入れることができ、値を埋めて満たされた配列(a変数)が返されます。返された配列をprint_r()関数で出力します。

今回はbという変数も定義し、同じようにarray_fill()関数を使用し、配列に値を入れて、返された配列をprint_r()関数で出力してみます。

■実行

では、このスクリプトを「fill_array_val.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、array_fill()関数を使用したことで、a変数とb変数内に、値や値の数,インデックスを指定して配列を作り、print_r()関数で出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました