PHPのarray_reverse()関数を使用し配列を逆順にして返す

PHPのarray_reverse()関数を使用し配列を逆順にして返してみます。

array_reverse()関数は、配列を逆順にした配列を取得することができます。

■基本的な構文

array_reverse(array, preserve)

arrayは、 逆順にする配列を指定します。

preserveは、配列のキーを保持するかどうかを指定します。true(真)か、false(偽)のどちらかを指定する。オプションです。

■環境

・Windows10

・XAMPP 8.0.6

・PHP Version 8.0.6

■PHPのarray_reverse()関数を使用し配列を逆順にして返す

では、PHPのarray_reverse()関数を使用し配列を逆順にして返すスクリプトを書いていきます。

■コード

<html lang="ja"> 
<head> 
<title>array_reverse()関数を使用し配列を逆順にして返す</title>
</head>
<body>
<?php
$str = array("a"=>"apple","b"=>"banana","c"=>"lime");
print_r(array_reverse($str));
?>
</body>
</html>

今回は、strという変数を宣言し、その中でarray()関数を使用します。array()関数内の引数,パラメーターとして、キーと値(文字列)をセットにして渡します。これで配列が作成されます。

作成後、array_reverse()関数を使用します。array_reverse()関数の括弧内に、引数,パラメーターとしてstr変数を渡します。渡された情報を元に配列を逆順にします。

逆順で返された配列をprint_r()関数で出力します。

■実行

では、このスクリプトを「array_in_reverse.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、array_reverse()関数を使用したことで、str変数内の配列が逆順になり、print_r()関数で出力させることができました。

■日本語の場合

出力後、配列のキーと値が日本語の場合はどうなるのかやってみます。

■コード(ひらがな)(array_in_reverse_2.php)

<html lang="ja"> 
<head> 
<title>array_reverse()関数を使用し配列を逆順にして返す</title>
</head>
<body>
<?php
$str = array("あ"=>"あんこ","い"=>"いなずま","う"=>"うま","え"=>"えき");
print_r(array_reverse($str));
?>
</body>
</html>

■実行

「array_in_reverse_2.php」というスクリプトを実行させてみると、ひらがなの場合はあいうえお順の逆順で出力されることが確認できました。

■コード(漢字)(array_in_reverse_3.php)

<html lang="ja"> 
<head> 
<title>array_reverse()関数を使用し配列を逆順にして返す</title>
</head>
<body>
<?php
$str = array("有"=>"有明","飯"=>"飯田","宇"=>"宇宙","江"=>"江戸");
print_r(array_reverse($str));
?>
</body>
</html>

■実行

「array_in_reverse_3.php」というスクリプトを実行させてみると、漢字の場合であっても、あいうえお順の逆順で出力されることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました