PHPのis_file()関数を使用し通常のファイルであるかどうかを確認する

PHPのis_file()関数を使用し通常のファイルであるかどうかを確認してみます。

is_file()関数は、指定されたファイルが通常のファイルであるかどうかを確認することができます。指定されたファイルが、通常のファイルの場合はTRUE(真)、それ以外の場合はFALSE(偽)を返します。

■基本的な構文

is_file(file)

filenameは、確認するファイルのパスを指定します。

■環境

・Windows10

・XAMPP 8.0.6

・PHP Version 8.0.6

■PHPのis_file()関数を使用し通常のファイルであるかどうかを確認する

では、早速PHPのis_file()関数を使用し通常のファイルであるかどうかを確認してみます。

■コード

<html lang="ja"> 
<head> 
<title>is_file()関数を使用し通常のファイルであるかどうかを確認する</title>
</head>
<body>
<?php
$file = "test.txt";
if(is_file($file)){
    echo("$file は通常のファイルです。");
}else {
    echo("$file は通常のファイルではありません。");
}
?>
</html>

今回は、fileという変数を宣言し、その中にファイルを指定し格納します。

格納後、if文を使用し、括弧内にis_file()関数を使用します。is_file()関数の括弧内には、引数,パラメーターとして、file変数を渡します。is_file()関数でTRUE(真),条件を満たす場合は、echo文による文字列(通常のファイルである)が出力されます。

一方で、is_file()関数でFALSE(偽),条件を満たさない場合は、echo文による文字列(通常のファイルではない)が出力されます。

なお、今回はファイルは「test.txt」というテキストファイルを用意しました。ファイルの中身は空となっています。

■実行

では、このスクリプトを「check_file.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、is_file()関数を使用したことで、今回指定したファイルが通常のファイルであるかどうかの確認が行われ、TRUE(真)を返し、条件を満たしているので、「通常のファイルです」と出力されました。

出力後、「test.fake_txt」という存在しないファイル形式のファイルを指定し、スクリプトを実行してみると、is_file()関数を使用したことで、FALSE(偽)を返し、条件を満たしていないので、「通常のファイルではない」と出力されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました