PHPのis_uploaded_file()関数を使用しファイルがHTTPPOST経由でアップロードしているか確認する

PHPのis_uploaded_file()関数を使用しファイルがHTTPPOST経由でアップロードしているか確認してみます。

is_uploaded_file()関数は、指定されたファイルがHTTPPOSTを経由しアップロードされているかどうかを確認することができます。アップロードされた場合はTRUE(真)、失敗した場合はFALSE(偽)を返します。

■基本的な構文

is_uploaded_file(file)

fileは、確認するファイルのパスを指定します。

■環境

・Windows10

・XAMPP 8.0.6

・PHP Version 8.0.6

■PHPのis_uploaded_file()関数を使用しファイルがHTTPPOST経由でアップロードしているか確認する

では、早速PHPのis_uploaded_file()関数を使用しファイルがHTTPPOST経由でアップロードしているか確認してみます。

■コード

<html lang="ja"> 
<head> 
<title>is_uploaded_file()関数を使用しファイルがHTTPPOST経由でアップロードしているか確認する</title>
</head>
<body>
<?php
$file = "test.txt";
if(is_uploaded_file($file)){
    echo("$file は、HTTP POST経由でアップロードされた");
}else{
    echo("$file は、HTTP POST経由ではアップロードされていない");
}
?>
</body>
</html>

今回は、fileという変数を宣言し、その中にファイルを指定し格納します。

格納後、if文を使用し、括弧内にis_uploaded_file()関数を使用します。is_uploaded_file()関数の括弧内には、引数,パラメーターとして、file変数を渡します。is_uploaded_file()関数でTRUE(真),条件を満たす場合は、echo文による文字列(HTTP POST経由でアップロード)が出力されます。

一方で、is_uploaded_file()関数でFALSE(偽),条件を満たさない場合は、echo文による文字列(HTTP POST経由でアップロードされていない)が出力されます。

なお、今回fileという変数内に格納するファイルは、「test.txt」というtxt形式のテキストファイルを用意しました。ファイルの中身は空です。

■実行

では、このスクリプトを「httppost_upload.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、is_uploaded_file()関数を使用したことで、file変数内に格納したファイルがチェックされました。今回用意したファイルは、HTTP POST経由でアップロードしていないため、FALSE(偽)が返され、if文での条件には満たしていないので、「HTTP POST経由ではアップロードされていない」と出力されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました