PyQueryを使用し、PythonでWebスクレイピングをする

PyQueryを使用し、PythonでのWebスクレイピングについて解説しています。

なお、PyQueryモジュールは、Pythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■PyQueryを使用しWebスクレイピングをする

では、早速、PyQueryを使用しWebスクレイピングをしてみます。

■コード

from pyquery import PyQuery as pq

url = 'https://www.yahoo.co.jp/'

data = pq(url)

print(data)

インポートでPyQueryモジュールを呼び出します。urlという変数を作成し、その中にスクレイピングするWebサイトのURLを指定し格納します。今回はYahoo!Japanのサイトを指定しています。

格納後、dataという変数を作成し、PyQueryモジュールを使ってWebサイトの情報を取得し、格納します。

格納したものをprint関数で出力してみます。

■実行

今回のスクリプトを「webscraping_test.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、今回指定したWebサイト(Yahoo!Japan)の情報が取得されて出力されることを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました