Pythonのenumerate()関数とfor文によるループ処理を組み合わせて使用する

Pythonのenumerate()関数とfor文によるループ処理を組み合わせて使用してみます。

enumerate()関数は、コレクション(リスト・タプル・集合型・辞書型)を受け取り、カウンターを追加し、列挙オブジェクトを返しますが、そこにfor文によるループ処理を組み合わせてみます。

■Python

Google Colaboratory(Google Colab),Python3.7.10

■enumerate()関数とfor文によるループ処理を組み合わせて使用する

では、早速enumerate()関数とfor文によるループ処理を組み合わせて使用してみます。

■コード

list_test = ["佐々木","松田","山岡","小森","佐藤"] 

for element in enumerate(list_test):
  print(element)

今回は、list_testというリストを角括弧”[ ]”を使用し定義します。リスト内には、要素(文字列)を格納します。

格納後、for文のin演算子を使用し、enumerate()関数でlist_test変数にカウンターを追加し、列挙オブジェクトにします。列挙オブジェクトを順番に、element変数へ格納します。

最後にprint()関数でelement変数の情報を出力します。

■実行・検証

スクリプトを作成後、このスクリプトを実行してみます。

実行してみると、今回定義したlist_testのリストがenumerate()関数を用いたことで列挙オブジェクトとして返され、返された列挙オブジェクトが、for文によるループ処理で、順番にfoelement変数に格納。その後、print()関数でfoelement変数の情報を出力させることができました。

返された変数内の情報を確認すると、丸括弧”()”でタプルが作られ、その中にキーとしてカウンター、値としてlist_test変数内に格納した文字列がセットとなっていることが確認できました。

■カウンター(インデックス)の変更

確認後、enumerate()関数を用いて、列挙オブジェクトが返されますが、その時のカウンター(インデックス)の変更を行ってみます。

■コード

list_test = ["佐々木","松田","山岡","小森","佐藤"] 

for counter,element in enumerate(list_test,10):
  print(counter,element)

カウンター(インデックス)の変更を行う際は、for文のin演算子を使用し、enumerate()関数でlist_test変数にカウンターを追加し、列挙オブジェクトにしますが、この時に、enumerate()関数の括弧内に、第2の引数,パラメータとして、開始番号(インデックス,カウンター)を指定します。第2の引数,パラメータを設定しない場合は、デフォルトで開始番号が「0」からとなりますが、今回は「10」とします。次に、列挙オブジェクトを順番に変数へ格納しますが、この時にcounterとelementの2つの変数を定義しておきます。

これでcounter変数には、開始番号(インデックス,カウンター)が格納され、element変数には要素が格納されます。

最後に、print()関数でcounter変数とelement変数の情報を出力してみます。

■実行・検証

スクリプトを作成後、このスクリプトを実行してみます。

実行してみると、list_testのリストがenumerate()関数を用いたことで列挙オブジェクトとして返され、for文によるループ処理で、counter変数とelement変数に、開始番号(インデックス,カウンター)と要素(文字列)が格納され、2つの変数の情報をprint()関数で出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました