PHPでforeach文(繰り返し・ループ処理)を使用する

PHPでforeach文(繰り返し・ループ処理)を使用してみます。

foreach ($array as $element) {
statement(s)
}

foreach文(ステートメント)は上記のような構文で、$elementとしてアクセスされた$arrayの各要素に対して、文(ステートメント)内の繰り返し処理を実行します。

■環境

・Windows10

・WampServer Version 3.2.3 64bit

・PHP Version 7.3.21

■foreach文(繰り返し・ループ処理)を使用する

それでは、早速foreach文(繰り返し・ループ処理)を使用してみます。

■コード

<?php
$fruits = array("りんご","みかん","ぶどう");

foreach($fruits as $value){
    echo $value . "<br>";
}
?>

今回はfruitsという変数を定義し、その中にarray()を使用し、配列を作成し、格納します。配列の値には文字列を使用しています。

格納後、foreach文(繰り返し・ループ処理)を使用し、$valueとしてアクセスされた$fruitsの各値に対して、文(ステートメント)内の繰り返し処理を実行します。

今回は、echo文を使用し、$valueとしてアクセスされた$fruitsの各値を出力します。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、$valueとしてアクセスされた$fruitsの各値に対して、文(ステートメント)内の繰り返し処理を実行されて、$fruitsの各値が出力されました。

■連想配列を使用したforeach文(繰り返し・ループ処理)

次に連想配列を使用したforeach文(繰り返し・ループ処理)を使用してみます。

■コード

<?php
$fruits = array(
    "りんご" => 10,
    "みかん" => 15,
    "ぶどう" => 20
);

foreach($fruits as $key=>$value){
    echo $key . " は ".$value;
    echo "<br>";
}
?>

今回はfruitsという変数を定義し、その中にarray()を使用し、連想配列を作成し、格納します。連想配列のキーには文字列を、値には数値を使用しています。

格納後、foreach文(繰り返し・ループ処理)を使用し、$keyと$valueのペアとしてアクセスされた$fruitsのキーと値に対して、文(ステートメント)内の繰り返し処理を実行します。

今回は、echo文を使用し、$keyと$valueのペアとしてアクセスされた$fruitsのキーと値のペアを出力します。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、$keyと$valueのペアとしてアクセスされた$fruitsのキーと値のペアに対して、文(ステートメント)内の繰り返し処理を実行されて、$fruitsのキーと値のペアが出力されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました