Pythonでmathモジュールを使用し小数桁を削除し整数を返す|trunc() 関数

mathモジュールのtrunc() 関数は、小数桁(小数点以下)を削除し整数を返すことができますので、やってみます。

trunc() 関数の戻り値は、数値の切り捨てられた整数を返します。int型。

■Python

Google Colaboratory(Google Colab),Python3.7.10

■trunc()関数を用いて小数桁を削除し整数を返す

では、早速trunc()関数を用いて小数桁を削除し整数を返してみます。

■コード

import math

x = 12.7
y = -98.5

print(math.trunc(x))
print(math.trunc(y))

今回は、xという変数を定義し、その中に数値を格納します。同じように、yという変数を定義し、その中に数値を格納します。

格納後、trunc()関数を使用します。trunc()関数の括弧内には、引数,パラメータとして、数値を格納した変数(x,y)を渡します。渡された変数内の数値の小数桁(小数点以下)を削除し、整数が返されます。

返された整数をprint()関数で出力します。

■実行

このスクリプトを実行してみます。

実行してみると、xとyの変数に格納した数値が、trunc()関数を使用したことで、数値の小数桁(小数点以下)を削除し、整数が返され、print()関数で整数を出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました