Pythonでmathモジュールを使用し小数点以下を切り捨てる|floor()関数

mathモジュールのfloor()関数は、必要に応じて数値を最も近い整数に切り捨てる(小数点以下を切り捨てる)ことができますので、やってみます。

floor()関数の戻り値は、切り捨てられた数値を表す値を返します。Python 3+では、int型。Python 2.xではfloat型。

なお、mathモジュールは、Pythonの標準ライブラリですので、事前にインストールする必要はありません。

■Python

Google Colaboratory(Google Colab),Python3.7.10

■floor()関数を用いて必要に応じて数値を最も近い整数に切り捨てる

では、早速floor()関数を用いて、必要に応じて数値を最も近い整数に切り捨てみます。

■コード

import math

x_1 = 55.7
x_2 = -11.5

print(math.floor(x_1))
print(math.floor(x_2))

今回は、x_1とx_2という2つの変数を定義し、その中に数値をそれぞれ格納します。

格納後、floor()関数を使用します。floor()関数の括弧内には、引数,パラメータとして、数値を格納した変数を渡します。渡された情報を元に、最も近い整数に切り捨てられ、結果が返されます。

返された結果をprint()関数で出力します。

■実行

このスクリプトを実行してみます。

実行してみると、x_1とx_2の変数に格納した数値が、floor()関数を使用したことで、最も近い整数に切り捨てる(小数点以下を切り捨てる)ことができ、整数をprint()関数で出力することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました