PHPで算術演算子を使用し計算する

PHPで算術演算子を使用し計算してみます。

算術演算子は、演算内容を表す記号(「+」「-」など)を使い四則演算(加法、減法等)などの算術的な計算を行うものです。

■環境

・Windows10

・WampServer Version 3.2.3 64bit

・PHP Version 7.3.21

■加法・足し算する

まずは、PHPで加法・足し算で計算してみます。

■コード

<?php

$x = 10;
$y = 20;

echo($x + $y);
?>

加法・足し算で計算する場合は、今回はxという変数を定義し、その中に「10」という数値を格納します。格納後、yという変数を定義し、その中に「20」という数値を格納します。

その後、echo()と記述し、x変数と、y変数を加法・足し算します。加法・足し算する場合は「+」記号を使用します。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、xという変数の中に格納された数値と、yという変数の中に格納された数値が加法・足し算されて出力されました。

■減法・引き算する

次にPHPで減法・引き算で計算してみます。

■コード

<?php

$x = 100;
$y = 50;

echo($x - $y);
?>

減法・引き算で計算する場合は、先ほどと同じようにxという変数を定義し、その中に「100」という数値を格納します。格納後、yという変数を定義し、その中に「50」という数値を格納します。

その後、echo()と記述し、x変数と、y変数を減法・引き算します。減法・引き算する場合は「-」記号を使用します。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、xという変数の中に格納された数値と、yという変数の中に格納された数値が減法・引き算されて出力されました。

■乗法・掛け算する

次にPHPで乗法・掛け算で計算してみます。

■コード

<?php

$x = 80;
$y = 50;

echo($x * $y);
?>

乗法・掛け算で計算する場合は、先ほどと同じようにxという変数を定義し、その中に「80」という数値を格納します。格納後、yという変数を定義し、その中に「50」という数値を格納します。

その後、echo()と記述し、x変数と、y変数を乗法・掛け算します。乗法・掛け算する場合は「×」ではなく、「*(アスタリスク)」記号を使用します。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、xという変数の中に格納された数値と、yという変数の中に格納された数値が乗法・掛け算されて出力されました。

■除法・割り算する

次にPHPで除法・割り算で計算してみます。

■コード

<?php

$x = 30;
$y = 8;

echo($x / $y);
?>

除法・割り算で計算する場合は、先ほどと同じようにxという変数を定義し、その中に「30」という数値を格納します。格納後、yという変数を定義し、その中に「8」という数値を格納します。

その後、echo()と記述し、x変数と、y変数を除法・割り算します。除法・割り算する場合は「×」ではなく、「/(スラッシュ)」記号を使用します。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、xという変数の中に格納された数値と、yという変数の中に格納された数値が除法・割り算されて出力されました。

■係数

次にPHPで係数を求めてみます。

■コード

<?php

$x = 10;
$y = 4;

echo($x % $y);
?>

係数を求める場合は、先ほどと同じようにxという変数を定義し、その中に「10」という数値を格納します。格納後、yという変数を定義し、その中に「4」という数値を格納します。

その後、echo()と記述し、x変数と、y変数の係数を求めます。係数を求める場合は「%(パーセント)」記号を使用します。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、xという変数の中に格納された数値と、yという変数の中に格納された数値の係数が出力できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました