Android Studio 4.1を使用して簡単なFlutterアプリケーションを作成する

Android Studio 4.1を使用して簡単なFlutterアプリケーションを作成する

PC環境

・Windows10

・Android Studio 4.1(日本語化)

・Flutter

■新規Flutterプロジェクトの作成

Android Studio 4.1を起動し、「新規Flutterプロジェクトの作成」をクリックします。

クリックすると、「新規Flutterプロジェクト」と表示されます。「Flutterアプリケーション」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

クリックすると、「プロジェクト名」を入力します。入力後、「Flutter SDKパス」を指定します。指定後、「プロジェクトの場所(保存場所)」を確認します。確認、プロジェクトの「説明」を入力します。

入力後「次へ」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Set the package name(パッケージ名を設定します)」、「Applications and plugins need to generate platform-specific code(アプリケーションとプラグインはプラットフォーム固有のコードを生成する必要があります)」と書かれていますので、「パッケージ名」にパッケージの名前を入力し、「完了」ボタンをクリックします。

クリックすると、プロジェクトが作成されます。作成後、「プロジェクト」と「main.dart」が表示されます。「プロジェクト(今回はtest1)」の三角ボタンをクリックします。

クリックすると、プロジェクト内にあるフォルダとファイルの一覧が表示されます。作成していくにあたり、「lib」の「main.dart」を編集します。

■「Hello World」と表示させるアプリケーションを作成する

AndroidStudio4.1のメインウインドウで「main.dart」が表示されていますので、コードに編集します。

■コード

import 'package:flutter/material.dart';

void main() => runApp(MyApp());

class MyApp extends StatelessWidget {
  // This widget is the root of your application.
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'Hello World!',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      home: MyHomePage(title: 'Home Page'),
    );
  }
}

class MyHomePage extends StatelessWidget {
  MyHomePage({Key key, this.title}) : super(key: key);

  final String title;

  @override
  Widget build(BuildContext context){
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text(this.title),
      ),
      body: Center(
          child:
            Text(
              'Hello World!',
            )
      ),
    );
  }
}

■実行・検証

コードを編集後、エミュレータによる実行・検証を行います。

エミュレータによる実行・検証を行いましたが、「Hello World!」と表示することを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました