PHPでユーザー定義関数を作成・呼び出しする

PHPでユーザー定義関数を作成・呼び出ししてみます。

PHPでは、ユーザー独自の関数を定義、作成し呼び出すことができます。ユーザー定義関数を使用することで、プログラム内のコードの繰り返しを減らすことや、コードの保守がはるかに簡単できます。また、エラーの修正がはるかに簡単できます。

■環境

・Windows10

・WampServer Version 3.2.3 64bit

・PHP Version 7.3.21

■ユーザー定義関数を作成・呼び出しする

では、早速ユーザー定義関数を作成・呼び出ししてみます。

■コード

function functionName(){
    //実行する処理
}

まず、ユーザー定義関数を作成する基本的な構文は、上記になります。ユーザー定義関数の宣言する場合は、functionと記述し、その後に作成する関数の名前(functionName)を記述します。

なお、関数の名前は、数字は使えず、アルファベットの大文字と小文字またはアンダースコアで始まります(1文字目)。日本語(ひらがな、カタカナ、漢字など)で名前も付けることもできます。さらに2番目以降は、アルファベットの大文字と小文字、日本語、数字、アンダースコアと続けなければなりません。またアルファベットの大文字と小文字を区別しません。

記述後、括弧”()”を記述します。最後に関数で実行する処理を中括弧”{}”で囲みます。

これでユーザー定義関数の作成は完了となります。

■コード

<?php
function Hello(){
    echo "こんにちは!";
}

Hello();
?>

ユーザー定義関数の作成の手順が理解できたところで、実際にユーザー定義関数の作成してみます。今回はHelloというユーザー定義関数を作成し、中括弧”{}”内に実行する処理を記述します。記述した内容は、echo文で文字列を出力するというものです。

ユーザー定義関数の定義した後に呼び出す際は、作成した関数の名前を記述し、セミコロン(;)を記述します。これでユーザー定義関数を呼び出すことができます。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、今回作成したユーザー定義関数内の処理が実行されて出力されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました