Arduino IDE 2.0 betaをダウンロード・インストール(Windows10)

Arduino IDE 2.0 betaをダウンロードし、インストールするまでについて解説しています。

■PC環境

Windows 10 Pro

■ダウンロード

Arduino IDE 2.0 betaのダウンロードを行いますので、まずはこちらのページ(https://www.arduino.cc/en/software#experimental-software)へアクセスします。

アクセスすると、「Experimental Software(実験用ソフトウェア)」と表示されています。中央には「Arduino IDE 2.0 beta (2.0.0-beta3)」と書かれており、となりに「DOWNLOAD OPTIONS(ダウンロードオプション)」という項目があり、「Windows Win 10 and newer, 64 bits」と表示されていますので、こちらをクリックします。

クリックすると、「Support the Arduino IDE(Arduino IDEをサポートする)」と表示されます。「CONTRIBUTE & DOWNLOAD(貢献とダウンロード)」をクリックすると、寄付を行い、Arduino IDEの開発に貢献できます。今回は「JUST DOWNLOAD(ダウンロードのみ)」ボタンをクリックし、ダウンロードを行います。

ボタンをクリックすると、Webブラウザで指定されている保存場所に「arduino-ide_2.0.0-beta.3_Windows_64bit.exe」というファイルがダウンロードされます。

■インストール

ダウンロード後、「arduino-ide_2.0.0-beta.3_Windows_64bit.exe」のファイルをダブルクリックします。

クリックすると「Arduino IDE セットアップ」というウインドウが表示されます。ウインドウ内には「ライセンス契約書」と表示されていますので、「Terms of Service(利用規約)」と表示されている契約書をGoogle翻訳などで翻訳し確認します。確認後、「同意する」ボタンをクリックします。「Arduino IDE セットアップ」自体は日本語表記なのが嬉しい。

クリックすると、「Arduino IDE セットアップ」に「インストールオプションの選択」と表示されます。「どのユーザーにインストールしますか?」と質問されていますので、「このコンピューターを使用しているすべてのユーザー用にインストールする」か、「現在のユーザーのみにインストールする」かを選択します。今回は「現在のユーザーのみにインストールする」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Arduino IDE セットアップ」に「インストールを選んでください。」と表示されます。Arduino IDEをインストールするフォルダを選択します。

選択しますが、インストール先フォルダはデフォルトで既に選択されていますので、問題なければ「インストール」ボタンをクリックします。選択を変更する場合は「参照」ボタンをクリックして変更します。

今回は、デフォルトで選択されたフォルダで問題ないので、「インストール」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Arduino IDE セットアップ」に「インストール」と表示されます。インストールが開始されますので、完了までしばらく待ちます。

しばらく待つと、「Arduino IDE セットアップ」に「Arduino IDE セットアップ ウィザードは完了しました。」と表示されます。これでArduino IDEのインストールは完了となります。

完了後、「Arduino IDE セットアップ」内の「Arduino IDEを実行」という項目にチェックが入っていますので、「完了」ボタンをクリックすると、Arduino IDEがすぐに起動します。

インストールは完了しましたので、「Arduino IDE セットアップ」を閉じるために、「完了」ボタンをクリックします。

■Arduino IDEを実行・起動する

クリックすると、Arduino IDEを実行・起動します。実行後、Arduino IDE上に「Windows セキュリティの重要な警告」というウインドウが表示されます。ウインドウ内には「このアプリの機能のいくつかがWindows Defender ファイアウォールでブロックされています」と書かれており、Windows Defender ファイアウォールにより、arduino-cli.exeの機能のいくつかがブロックされて使用できない状態になっていますので、機能を使えるようにします。

機能を使えるようにするためには、「arduino-cli.exeにこれらのネットワーク上での通信を許可する」という項目がありますので、この中で、今回は「パブリックネットワーク(空港、喫茶店など)(非推奨)(U)」という項目のチェックボックスにチェックを入れて許可します。

許可するために、「Windows セキュリティの重要な警告」内の下にある「アクセスを許可する」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Arduino IDE」が表示されて、使用可能な状態となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました