Pythonでセット(Set)に複数の要素を追加する

Pythonでセット(Set)に複数の要素を追加してみます。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■セット(Set)を用意する

セット(Set)に複数の要素を追加する前に、セット(Set)を用意します。

■コード

a = set([1,3,5,9,14,20])

print(a)

今回はaという変数を作成し、その中にセットを用意します。セット内にはあらかじめ要素を追加ししておきます。今回、要素は数値にしています。

■実行

このスクリプトを実行してみると、セット(Set)の要素が出力されました。

■セット(Set)に複数の要素を追加する

セット(Set)の用意ができましたので、複数の要素を追加してみます。

■update()を使用する

■コード

a = set([1,3,5,9,14,20])

up_element = [77,88,99,199]

a.update(up_element)

print(a)

複数の要素を追加する際は、今回用意したセット(Set)は別にup_elementという変数を作り、その中にセット(Set)に追加する要素を記述し格納します。

格納後、用意したセット(Set)にupdate()と記述し、up_elementという変数内の要素を追加します。

追加後、print関数で用意したセット(Set)を出力します。

■実行

このスクリプトを「set_test_2.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、up_elementという変数内の要素が、今回用意したセット(Set)に追加され出力できることを確認できました。

■” | “を使用する。(パイプ演算子)

次に” | (縦棒)”(パイプ演算子)を使用し、セット(Set)に複数の要素を追加してみます。

■コード

a = set([1,3,5,9,14,20])

up_element = [77,88,99,199]

a |= set(up_element)

print(a)

” | (縦棒)”(パイプ演算子)を使用し要素を追加する場合は、用意したセット(Set)の後に” | (縦棒)”(パイプ演算子)を記述します。

記述後、set()と記述し、括弧内に合併させるup_elementの変数を記述します。これで内部でunion()を呼び出して、用意したセット(Set)とup_elementの変数内の要素を合併させることができます。

最後に合併させたセット(Set)をprint関数で出力します。

■実行

このスクリプトを「set_test_3.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、用意したセット(Set)とup_elementの変数内の要素を合併して出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました