PythonでStarletteを用いてアプリケーションを実行する

PythonでStarletteを用いてアプリケーションを実行してみます。

今回はStarletteを用います。このライブラリ・モジュールはPythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■Starletteを用いてアプリケーションを実行する

では、早速Starletteを用いてアプリケーションを実行してみますので、まずはアプリケーションを作成していきます。

■コード

from starlette.applications import Starlette
from starlette.responses import JSONResponse
from starlette.routing import Route

async def test_page(request):
    return JSONResponse({'こんにちは':'皆さん'})

app = Starlette(debug=True,routes=[Route('/',test_page)])

■実行・検証

このスクリプトを「test_app.py」という名前で、作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)に保存し、コマンドプロンプトを起動。起動後、事前にPythonにインストールしておいたuvicornで、test_app.pyを実行します。

実行してみると、「Uvicorn running on http://127.0.0.1:8000 (Press CTRL+C to quit)」とメッセージが出力されます。「http://127.0.0.1:8000」のURLをコピーし、Webブラウザを起動。起動後、Webブラウザのアドレスバーに貼り付けてアクセスします。

アクセスすると、今回のアプリケーションは、async def を使用し定義した関数でJSONResponse()を用いて、JSON 応答を返す処理にしてありますので、JSON形式のデータが返されることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました