Azure CLI にサインインする

Azure CLI にサインインしてみます。

この記事は「Azure CLI をインストールする(Windows 10)」という記事の続きでもあります。

■PC環境

Windows10

■Azure CLI にサインインする

Azure CLI にサインインしてみますので、まずはWindows10のコマンドプロンプトを起動します。

>az login

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。Azureにログインを行います。

A web browser has been opened at https://login.microsoftonline.com/organizations/oauth2/v2.0/authorize. Please continue the login in the web browser. If no web browser is available or if the web browser fails to open, use device code flow with `az login --use-device-code`.

Enterキーを押すと、上記のメッセージが出力され、自動的にWebブラウザ(今回はGoogleChrome)が起動します。

起動後、「アカウントにサインイン(https://login.microsoftonline.com/organizations/oauth2/v2.0/authorize?client_id=****)」というページが表示されます。ページ内には「Microsoft Azure」と表記されており、Azureのサインインページのため、お持ちのアカウント(無料アカウントも含む)を選択します。

You have logged into Microsoft Azure!(Microsoft Azure にログインしました。)

You can close this window, or we will redirect you to the Azure CLI documents in 10 seconds.(このウィンドウを閉じてもかまいません。10 秒以内に Azure CLI ドキュメントにリダイレクトされます。)

選択すると、「localhost:5255」のページに移動します。ページ内には上記のメッセージが表示され、これでMicrosoft Azureへのログインが完了します。完了後、ページを閉じます。

[
  {
    "cloudName": "AzureCloud",
    "homeTenantId": "*****-*****-****-****-*******",
    "id": "*****-*****-****-****-*******",
    "isDefault": true,
    "managedByTenants": [],
    "name": "Azure subscription 1",
    "state": "Enabled",
    "tenantId": "*****-*****-****-****-*******",
    "user": {
      "name": "*****@outlook.jp",
      "type": "user"
    }
  }
]

閉じた後に、Windows10のコマンドプロンプトを確認すると、上記のメッセージが出力されており、これが表示されていれば、正常にサインインが完了しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました